bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

妊活が楽しくなるジンクスと子宝を引き寄せる風水の取り入れ方とは?

妊活が楽しくなるおまじないやジンクス

赤富士

信じれば授かる?子宝を呼ぶジンクスとは

子宝に恵まれるというジンクスやおまじないはいろいろあります。

たとえば、

  • 子孫繁栄や母性のシンボルとされているザクロを食べる
  • たくさんの小株を残す子宝草を育てる
  • 陣痛中の妊婦さんに安産の神様が宿るという赤富士の絵を描いてもらう
  • 妊娠している人のお腹を触らせてもらう
  • 妊娠している人におにぎりを握ってもらう

などがよく知られていますね。

古い言い伝えでは、陰陽師として有名な安倍晴明が伝えたとされる「ウズラの卵を1日1個ずつ15日続けて食べ、16日目に子作りに励むと良い」というおまじないもあります。

その他にも、

  • 暖簾をくぐる(赤ちゃんが生まれるイメージにつながる)
  • 散歩をする時にはその日の吉方位に向けて歩く

というのも縁起が良いとされています。

また、ヨーロッパでは昔から伝わるものに

  • 玄関にベビーシューズを置くと妊娠する

というジンクスもありますが、これなどもかわいいですよね。

世の中でどれくらい評判のジンクスかと言うより、自分が信じられると思ったものを選んでやってみるのが良いでしょう。

なによりも、信じることが大切ですからね。

ベビーシューズ

子宝を呼ぶ力が強くなる妊活グッズ

次に、持っていると子宝を呼ぶ妊活グッズをご紹介しましょう。

  • 女性の大敵である冷えを改善する腹巻(女性らしいシルクのものなど)
  • 入浴時に温まりリラックス効果もある入浴剤
  • リラックス効果がある上にカフェインゼロで妊活中の身体にやさしいハーブティー

といった実用的な物は揃えておきたいですね。

⇒おススメのシルク製品はこちらです

  • 次から次へと中から人形が出てくるところから子宝を連想させるマトリョーシカ
  • 飛騨高山に良縁・厄除けのお守りとして伝わる「さるぽぽ」(特に子宝運がアップするオレンジ色のもの)

なども子宝を授かるグッズとして人気です。

妊娠したいという気持ちを強くするためにも、何かお守り的な物を身近に置いておきたいですね。

マトリョーシカ

授かりたいという気持ちと安心感を大切に

子宝を引き寄せるおまじないやジンクス、グッズなどは、まだまだたくさんあります。

全国でも有名と言われるようなものを探すのも良いのでしょう。

けれど、自分の母親やそのまた母親が妊娠中に大切に持っていた物をお守りにすることで心に得難い安心感が生まれることもあります。

  • 子供を持ちたいという気持ちを強くすること
  • 「きっと生まれてきてくれる」という安心感

が大事なのです。

そうすれば、自然と自分自身の健康にも気を配るようになり、新しい命を迎える雰囲気が家の中にも漂って来ますよ。

二人目の子供がほしい場合には最初の子を大事にして可愛がる「この家は子供を可愛がる」という空気が新しい命を呼び寄せるそうです。

いずれのおまじないを試す場合も、近い将来、自分が産んだ子供を大事に育てている様子をしっかりイメージ して行うことが重要です。

風水でより強力な子宝運を

対極

妊活ジンクスに風水を取り入れよう!

風水といえば、思い浮かぶのはまず色ですよね。

子宝に恵まれるためには、色相も重要であると風水では言われています。

妊娠するためには、健康な子供や子宝を象徴するカラーを取り入れたいものです。

風水で「子宝に恵まれる」とされる色は

  • オレンジ
  • ピンク

ピンクやオレンジは子宝を望む女性の心に安息を与え、子宮を温めてリラックスできる色だと考えられています。

確かにみていると温かい気持ちになる色ですよね。

ざくろの色のオレンジを積極的に取り入れて!

柘榴

ざくろは女性ホルモンの分泌を活性化させる効果があり「安産のシンボル」とも言われていますね。

風水では、このざくろの木をその家の北側に植えるとよいといわれています。

しかし、今の住宅事情では木を植えるのは難しいですので、北側の壁にざくろの絵を飾ったり、置物を置くのも良いでしょう。

ざくろにも象徴されるオレンジ系の赤は、まさに子宝の運気を上げてくれるカラーと言えます。

  • リビングやキッチンなどに、オレンジ色の小物やインテリアを取り入れましょう。
  • 服装にも、オレンジ色のアイテムをアクセントカラーとして使用すると良いですよ。
  • 気が入ってくる玄関に、オレンジ色の小物を飾ることも子宝アップにつながります。

⇒おススメ『ざくろジュース』はこちらです

ピンク色は夫婦間の絆が強まり妊活にもプラス!

もも

風水ではピンク色は、男女の関係を円満にして絆を深めるカラーとされています。

妊活では夫婦間の協力が非常に重要。

妻ばかりが一人で頑張っていても、妊娠にはなかなかたどり着けませんね。

特に不妊治療をしている場合は心身共に負担が増えてきますので、旦那さんの理解や協力が不可欠です。

また、夫婦関係がうまくいっていれば自然と妊娠もしやすくなることでしょう。

さらにピンクは桃の色でもあり、桃は妊婦さんのおなかを象徴するめでたいフルーツでもあります。

縁起が良くて夫婦円満にもつながるカラーがピンクなのですね。

  • 部屋や衣服に是非取り入れましょう。
  • 特に、寝室にピンク色のインテリアを使用すると子宝運がアップします。
  • ベッドカバーやカーテンをピンク色にして、運気を上げましょう。

北の方角が子宝に恵まれるポイントに!

磁石

家相では、子宝の運気アップは北方向にアリと言われています。

例えば寝るときは北枕にして寝たり、北の方向に寝室があったりすると妊娠しやすくなるでしょう。

また安産の象徴ともされるフルーツのざくろを寝室の北側に置くのも運気を上げてくれます。

その他の工夫としては、

【トイレの美化を大切に】

  • トイレを清潔に保っておく
  • トイレは換気を良くしておく
  • ピンク

トイレが綺麗でなければ婦人科の病気にかかりやすいと風水では言われています。

【玄関から良い気を入れるために】

  • 生気溢れる生花を玄関に飾る
  • 活き活きと咲く美しい生花を飾る

生花は女性の生命力をアップさせて妊娠しやすい健康な身体にしてくれます。

以上のようにお部屋の中を整えて、子宝に恵まれるための気で満たしていきましょう。

その際に大切なことは、うきうきと楽しみながら信じて行うことです。

きっと、子宝運がアップしていきますよ。