bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

脳の発育には妊娠5か月の胎児~生後6か月迄の話しかけと感謝が最も大切

ハートに包まれた赤ちゃん

Madam Sumii(マダムスミィ)の0歳教育は、今までの子育てを根っこから覆す新しい時代の最も効率的で、楽な子育て法です。

この教育法は胎児の時から始めるのがベストです。

特に、妊娠5~7か月の胎児の時期が胎教に最適といわれています。

そして、生まれてから6か月までの赤ちゃんの脳は想像以上に大変な吸収力を持っています。

ですから、妊娠5カ月から生後6か月までの時期が0歳教育にとって最も大切な時期と考えてください。

そして、この0歳教育は、子育てを通して親自身も大きく成長することができるプログラムを含んでいます。

0歳教育は感謝がキーワード

Madam Sumii(マダムスミィ)の0歳教育は、親子関係や周りの環境などすべてのことへの感謝がBase(ベース)となります。

すべては感謝から始まります。

  • まず、あなたを産み育ててくれた両親への感謝から始めてみましょう。
  • 次に、ともに人生を歩んでいく夫への感謝。
  • そして、あなたを母として選んでくれた赤ちゃんに感謝しましょう。
  • そして、これらのすべてを包み込んでいる大宇宙の愛のエネルギーというものが存在するということを信じて、そのエネルギーへの感謝の気持ちをいつも心の奥底にもっていてくださいね。

すべてはここから始まります。

感謝の気持ちが根底にあれば、必ず子育ては成功します。

そしてあなたも、家族に対して愛あふれるお母さんになることができるのです。

ハートに包まれた女性

感謝の気持ちで毎日を過ごすには

感謝といっても難しいことをする必要はないのですよ。

毎日のちょっとした工夫・・・ それだけで感謝の気持ちで過ごすことが可能です。

朝は笑顔とあいさつから

朝起きたら、「わー、今日も元気に目覚めることができました。ありがとうございます。今日も1日頑張ります。」と感謝の気持ちを出しましょう。

もちろん、「おはよう」とまず、ご主人に元気よくあいさつして、笑顔を贈るのもいいですね。

「今日はどんな素敵なことがおこるかな」とわくわくしながら1日を始めましょう。

夜は良いことを考えて眠る

就寝前は、「今日も1日元気にすごせてよかったです。ありがとうございました。ぐっすり眠ります。」と感謝の気持ちでやすみましょう。

よいことを考えながら、眠るようにするといいですよ。

ご主人にも同じように「今日も1日元気にすごせてよかった。ありがとう。」って感謝の言葉を発すると、きっとご主人ももっと優しくなられますよ。

そうすると、ご夫婦の仲ももっともっとよくなりますよ。

毎日の積み重ねが胎教の効果を生みます

これが、生まれてくる赤ちゃんにとって、最も大切な環境となります。

このように、朝は感謝から始め、夜も感謝で終えましょう。

引き寄せの法則にあるように、あなたの心の奥深いところに感謝の気持ちが染み渡ると、さらに感謝したくなるようなことが引き寄せられてきます。

このような感謝の気持ちは、当然、おなかの赤ちゃんにも伝わっていきますよ。

胸に手を当てる女性

妊娠5カ月までの過ごし方

妊娠10週くらいになると、胎児の人間としての身体機能はほぼ完成されます。

3か月をすぎると胎児は指しゃぶりをしますが、4か月になっても胎児の脳にはまだ身体の運動をコントロールする運動野(うんどうや)しかありません。

脳の本格的な成長は、4か月~5か月以降となります。

5か月の胎児の前頭部分には運動野以外に記憶や判断をする側頭葉、意欲や創造の場である前頭葉などのもとができてきます。

つわりが落ち着くまでは体調管理を中心に

妊娠4か月くらいまでは、お母さん自身の体調管理を中心に、毎日を健やかに気分よく過ごせるようになさってください。

つわりのひどい方もいらっしゃるでしょうから、つわりが落ち着いたころから、胎教を始めればいいと思っていただければ大丈夫です。

毎日を元気に過ごせるように、歩いたり、軽い運動をしたり、食事にも気を配り、良い睡眠をとるよう心がけてください。

この時期は、早寝、早起き、バランスのとれた食事、運動、睡眠など基本的な健康生活を大切にしてください。

素敵な子育てのビジョンを描きましょう

出産時や出産後の計画などもご主人やご家族の方と話し合うのもいいですね。

  • どんな可愛い赤ちゃんが我が家にやってくるのか
  • どのような子どもに育ってほしいか
  • どんなパパ&ママになりたいか

など、楽しい素敵なビジョンをたくさんたくさん描いてくださいね。

美術館に行ったり、コンサートに行ったり、素敵なカフェでお食事したり、ベビー用品やおもちゃなどのお店に入ってみるのもいいですよ。

また、ご主人とドライブに出かけたり、とにかく、ご夫婦仲良く、うきうき、わくわく幸せな気分で過ごすことがこの時期に一番大切なことです。

もちろん、お腹の赤ちゃんに話しかけてもいいんですよ。

また、静かなクラシック音楽をバックミュージックとして流しておくと、おなかの赤ちゃんもくつろぎ、あなたの気持ちもゆったりする効果があります。

⇒Madam Sumii(マダムスミィ)おすすめのクラッシック音楽

ママとおなかの赤ちゃん

妊娠5カ月から積極的に話しかけを

特に、妊娠5~7カ月あたりは最も胎教に適した時期といわれています。

ですから、積極的に話しかけたり、音楽を聞かせたり、絵本を読んであげたりしましょう。

絵本を大きな声で朗読していると、生まれてきた赤ちゃんは、その絵本と別の絵本の違いを理解します。

ちなみに、音楽も、胎内でいつも同じ演奏者の曲を聞いていて、生まれてから別の演奏者の曲を聴いた場合にその違いに反応を示すようです。

とにかく大切なのは言葉による話しかけです

たとえば、

  • あなたの生まれて来る環境はこんな環境ですよ。
  • 今、きれいなお花がいっぱい咲いていますよ。
  • パパは毎日、こんなお仕事をしてがんぱっていますよ。
  • パパもママもあなたのことを心から愛していますよ。

など、あなたの言葉で、赤ちゃんが生まれて来ることを楽しみにしているということを伝えてあげてくださいね。

特に、この話しかけは胎児のときから、意識して行いましょう。

なぜなら、言葉が頭脳の発達や母と子の絆など、すべての基礎になるからです。

妊娠5か月から生後6か月が脳にとって最も大切

頭脳の基本母型は生後6カ月で出来上がるともいわれています。

ですから、妊娠5~7カ月あたりから生後6カ月までは、特に意識して、赤ちゃんに話しかけてあげましょう。

英語をはじめとして、その他の外国語ももうこの時期に聞かせていいんですよ。

妊娠5~7カ月あたりから、生まれて6カ月頃まではとても大切な時期です。

とにかくこの時期は、赤ちゃんとお母さん自身のためにも、楽しみながら子育てを頑張りましょう。

そして、頭も心も体も最高の優れた赤ちゃんに育てましょう。

こだからひろばからのお知らせ

以前より、妊娠出産をされたお母さま方から、「0歳児教育を含む子育ての情報を発信してほしい」というご要望を多数頂いておりました。

こだからひろばではそのニーズにこたえ、新たに「マダム スミィの0歳児教育」というカテゴリーを加えることになりました。

実際に0歳児教育で、マダム スミィが我が子を育てた経験を基にして、徐々に内容を充実させていきたいと思っています。

プロフィールや子育てのエピソードも立ち上げていきますので、どうぞお楽しみに!

子育て中の方はもちろん、妊活中の方にも未来の子育てのビジョンを描いていただければ幸いです。