bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

妊活ストレス①妊娠のことばかり考えている自分に疲れていませんか?

妊活中のストレスで悩んでいるあなたへ

ロングヘアの女性

気がつくと妊娠のことばかり考えている・・・そんな自分に疲れていませんか?

これは、妊活中の方の中で、最も多いストレスのひとつだと思います。

たくさんいただくご相談の中から、ご質問と回答をご紹介しますね。

クェスチョン

妊娠のことばかり考えている自分に疲れてしまいました

妊活を初めて2年。不妊治療にも通っていますが、毎月生理が来てしまいます。

気がつくと「どうしたら妊娠できるんだろう。」と、妊娠のことばかり考えている
自分がいてストレスを感じています。

そんな自分にも疲れてしまいました。

アンサー

妊娠力upには感性の力が必要です!

心が一つのことで縛られるとそれがストレスとなり、子宮や卵巣の働きまで縛られてしまいます。

不妊治療もしてるのにいつになったら妊娠するの?

妊活していても、もう妊娠できないんじゃ…

あなたはこんな焦りや不安で心が一杯になっていませんか?

心が一つのことで縛られると、子宮や卵巣の働きまで縛られてしまいます。

このような状態ですと、脳の表面の部分だけが活発に働いて、妊娠するのに大切な感性を閉じ込めてしまうのです。

妊娠に必要なおおらかな感性を開放しましょう

花と女性 

婦の愛の営み

受胎

妊娠

家族を愛するということ

これはごくごく素朴な、こころと身体の営みです。

動物を見てみましょう。

とっても自然に愛を求め天真爛漫に生きていますね。

こんな素朴な喜びが感性を解き放ち、赤ちゃん天使に通じやすい状態をつくってくれます。

本来あなたに備わっている豊かな感性。

それを取り戻してみましょうね。

時には趣味に没頭したり、それを心から楽しみましょう。そして、楽しめることにも感謝しましょう。

あなたが楽しむ姿は、あなたのパートナーや家族をも幸せにするのです。

そんな幸せ感が家庭に満ちてくると、お空から見ている赤ちゃん天使もきっと早く降りてきたくなる… 

そう思いませんか?

抱っこするママ

友達の妊娠で心を痛めていませんか?

「赤ちゃんは必ず一番いい時期に生まれてきてくれる!」信じる気持ちがわいてくる動画です。⇒詳しくはこちら


妊娠脳を解放しましょう

ほおづえをつく女性

妊娠をつかさどるのは脳の深い部分の「旧皮質」というところです。

旧皮質は感性をつかさどる部分でもあります。

ですから、頭の中でいろいろ考えすぎると、脳の表面にある「新皮質」が活発に働きすぎて感性を押さえ込み「旧皮質」が働きにくくなります。

ですから、妊娠についてあまり難しく考えすぎたり、タイミングにこだわりすぎたりするのも逆効果

感性を解き放つことで「妊娠脳-旧皮質」が活性化するのです。

それではここで、お客様の体験談をご紹介しましょう。

お便りいただきました

治療しても授からなかったのに、家族で楽しんでいたら思いがけず妊娠!

宮城県 ST様からのお便りです

2度の流産と二人目の不妊治療の期間、『こだからひろば』のHPを読ませて頂き、いつも元気をもらっていました。

治療しても授からない日が続いていた頃のことです。

「これからは家族3人での暮らしを楽しむ人生でもよいかも」と思い始めて数ヶ月。

「今、妊娠したらこまっちゃうな」と思うぐらい楽しんでいたら、まさかの自然妊娠

二人目の妊娠

無事、六ヶ月目を迎えました。

流産と不妊で悩み、5年。

生理がくる度落ち込むときもありましたが、生理がくる・こないがゴールではなく「これも、妊娠するまでの過程なんだ」と自分に言い聞かせ、「気持ちをすぐに切り替えてすごしたことで、少し前向きになれた気がします。

本当につらい期間でしたが、人として成長したり、同じ悩みをもつ方の気持ちも理解できるようになって、貴重な経験でした。

助けてくれた方、励ましてくれた方のご恩を忘れず、無事出産できたらと思います。

ありがとうございました。

うさぎ_正面

ST様 おめでとうございます♪

「今、妊娠したらこまっちゃうな」と思うぐらい楽しんでいたら、まさかの自然妊娠!

ご家族の幸せそうな様子に引き寄せられて赤ちゃん天使が宿ってきたのでしょうね。

そんなご家族の一員となる赤ちゃんは本当に幸せですね。

ST様がおっしゃるように、「つらい時期を経て人としても母としても大きく成長されたのだと思います。

そんなママを、おなかの赤ちゃんも誇りに思っていることでしょう。

秋が来たらいよいよ誕生ですね。

お二人目の赤ちゃんが、元気な産声と共に生まれてこられますように…

心からお祈りしております。

akachan1_77

どうすれば授かるのかわからない

年齢が気になって焦る
妊活歴は長いけど…

妊活を卒業した女性が続けていたことは

⇒詳しくはこちら

不妊ストレスを癒しましょう