bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

0歳から3歳までに脳が一番よく発達します

0歳教育っていったいどういう教育?

手のひらの羽

実は0歳から3歳までが脳が一番よく発達するのです

0歳教育というのは、ずばり0歳から教育するので、0歳教育と呼ぶわけなんです。

健康に生まれた赤ちゃんは皆、何でも吸収し、大きく発達、成長するすばらしい能力を持っています。

大人も持っていない素晴らしい能力さえ持ち合わせています。

しかも、0歳に近いほどその能力は大きいので、生まれたばかりの赤ちゃんは皆、天才というわけなのです。

ところが、この吸収する能力は月日が経つにつれて、だんだん下がっていきます。

3歳くらいまでには、大人の脳の約8割が完成されます。

そして、6歳で9割、10歳でほぼ完成してしまいます。

脳の発達グラフ

ですから、脳が一番よく発達する0歳から教育していこう、せっかくの良い時期を逃さないで良い教育をしましょうというのが、0歳教育なのです。

この時期には、人格形成も、善悪の正しい判断力も一緒に発達します。

この事実って驚きですね。

脳が一番よく発達する0歳から3歳までを野放しにせず、その時期に合った適切な方法で、上手く頭を鍛えて、能力的にも人格的にも素晴らしい子どもを育てましょう」というのが0歳教育なのです。

この時期に、鍛えれば鍛えるほど頭の資質はよくなるのです。

あかちゃんを抱いているお母さん

0歳教育をすると性格も良い子に育ち、躾もできます

とにかくこの時期に、人間として基本的なことをすべて身につけさせることができるのです。

0歳から3歳までに身につけさせておくと、親も子も後がとっても楽なのです。

逆に言うと、この時期を逃すと教育するのはなかなか難しいというのが事実のようです。

0歳教育は、一石二鳥、三鳥、四鳥、それ以上の本当においしい、おいしい教育なのです。

人間は教育によって作られます。

あなたの育て方次第で、どんな子供にも育つのです。

あなたは愛するわが子にどんな教育をしたいですか。

どんな大人に成長してほしいですか。

私は、0歳教育は愛するわが子に贈る最大最高の贈り物だと思っています。

赤ちゃんを引き寄せるためのイメージ法

生まれ落ちた瞬間から赤ちゃんの脳は発達し始めます

「脳はどこか一ヵ所とか一部分とかではなく、全領域が学習と関わっている」とシカゴ大学乳幼児学習発達研究室のアマンダ・ウッドワード教授は言います。

以前には「赤ちゃんが実際の思考ができるのは1歳くらいになってからだ」と考えられていたのですが、赤ちゃんは、生まれてからすぐ、身の回りを観察し、意識的に物事を理解しようと努めているらしいのです。

赤ちゃんは、とても要領よく身の回りの世界を理解している」と、ウッドワード教授は言います。

また、1980年代以降、赤ちゃんが「対象の永続性」ということを理解していることも明らかになっています。

つまり、赤ちゃんの視界から見えなくなった物体が永久になくなったわけではないと理解できるということなのです。

ママが一瞬見えなくなっても、永久にいなくなるわけではないことを知っています。

子どもの言語能力、コミュニケーション能力、思考力、自己コントロール能力、将来の学業成績は、すべて、乳幼児期にどういう環境に接し、どういう経験をするかに大きく影響されるということなのです。

子どもの発達過程に詳しいシカゴ医科大学神経科学部のリーサ・エリオット准教授は「大人になってからの脳の活動はことごとく、赤ちゃんの時に適切な経験ができるかどうかに左右される側面がある」と言っています。

4人の赤ちゃん天使

こだからひろばからのお知らせ

以前より、妊娠出産をされたお母さま方から、「0歳児教育を含む子育ての情報を発信してほしい」というご要望を多数頂いておりました。

こだからひろばではそのニーズにこたえ、新たに「マダム スミィの0歳児教育」というカテゴリーを加えることになりました。このページはその第2回目の発信となります。

実際に0歳児教育で、マダム スミィが我が子を育てた経験を基にして、徐々に内容を充実させていきたいと思っています。

プロフィールや子育てのエピソードも立ち上げていきますので、どうぞお楽しみに!

子育て中の方はもちろん、妊活中の方にも未来の子育てのビジョンを描いていただければ幸いです。