bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

春や夏でも靴下・腹巻が妊娠力UPに必要?

こだからひろばQ&A

usagi3_100

MA様からのご質問です

お世話になっております。

冷え性で基礎体温のグラフもギザギザです。

妊娠体験に見習っておすすめドリンクと靴下・腹巻をはじめました。

前より確かに冷えにくくなった気がしますが、逆に暑くて寝づらいです。

春や夏は靴下を脱いでも良いのでしょうか

それともしっかり温めたほうがいいのですか

基礎体温はまだ少しガタガタしていて、低温期は36.3℃前後、高温期は36.6?7℃くらいです。

f883da62716dc225cbc13fd9ae1

akachan1_77

春や夏こそ靴下・腹巻が必要です!

ご質問、ありがとうございます。

靴下を履いていると暑くて寝づらいということですね。

「春や夏は靴下を脱いでも良いのでしょうか?」ということですが、私どもに頂く妊娠報告によりますと、春や真夏でも靴下や腹巻は続けて妊娠されたという方がほとんどです。

足を冷やすと逆効果です

特に春という今の時期は、身体のモードが秋冬から春夏に変わるため、体熱が上半身に上りやすくなります。

そのため、

  • 上半身がほてって熱っぽい
  • 口の中やのどが渇く
  • 手のひらが熱い
  • 寝苦しい

などの症状が現れる場合があります。

これを東洋医学では『気逆(きぎゃく)』といい、気(エネルギー)が頭のほうに上ってしまう状態をいいますが、足を冷やしてしまうと逆効果です。

春は冬以上に下半身が冷える可能性が

なぜかといいますと、この『気逆』の状態では、体熱も上に上ってしまい、上半身と下半身の温度差が激しくなります。

ですから、身体は暑く感じても、実は冬以上に下半身が冷えている場合があるのです。

そのような状態のときに靴下を脱いで足を冷やしてしまうと、その温度差がさらに大きくなって下半身の冷えを悪化させます。

また、MA様の場合、基礎体温はまだ少しガタガタしているということですね。

基礎体温のグラフがガタガタ、高温期が短い、低いなど、基礎体温の波形が整わない、場合はほとんど冷えが原因になっていますので、身体の表面は暑く感じても身体の内部はまだ冷えているはずです。

『頭寒足熱』で子宮や卵巣の血行を促進

ですから、これからの季節は特に『頭寒足熱』がとても大切です。

足をしっかり温めつつ、上半身を薄着にして、暑く感じる場合は頭やうなじ、手のひらなどを保冷剤などで冷やして下さい。

そうすることによって、体熱が全身に循環し、子宮や卵巣の血行も良くなりますよ。

もし、お休みのときに暑くて眠りづらいようでしたら靴下は脱がずに、保冷剤や氷枕などで頭を冷やされるか枕の素材を冷やす素材のものに変えて下さい。

たとえば、

  • 竹や籐で編んだもの
  • そば殻を使ったもの
  • 麻素材のもの

などがそれにあたります。

また、おなかを触ってみて冷たいようでしたら腹巻やスパッツなどで温めてくださいね。

以上を参考にしていただければ幸いです。