bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

サンシュユ(山茱萸)は古くから愛され続けている『若々しさを保つ植物』です。

古くから愛され続けているサンシュユの魅力とは

サンシュユは、日本では観賞用の庭木として知られ、中国や朝鮮半島では、煎じたりお酒につけたりして飲まれ、古くから愛用されてきた植物です。

サンシュユは春を告げるコガネバナ

サンシュユは4~5メートル程度の高さの小高木で、ミズキ科の落葉樹です。

サンシュユ/ハルコガネバナ

3月頃の早春に咲く「春を告げる花」として有名。
小さな黄色い花をつける様子から「ハルコガネバナ」とも呼ばれています。

サンシュユは日本では観賞用の庭木として扱われていますが、 おとなりの韓国では、そのサンシュユの林は圧巻!
早春には、あたり一面が黄金色に包まれます

朝鮮時代の古書「本草鋼目」にもサンシュユが登場するなど、韓国では古くから健康を維持するために役立ってきました 。

サンシュユの果実が熟すとき

花が終わり青々とした葉が茂るころ、サンシュユは楕円形の青い果実をつけ始めます。

サンシュユ果実の成長

長さ1.5~2センチ程度の果実は徐々に熟し、赤くきれいに色づきます。

赤いグミに似た果実の様子から、別名「サンゴバナ」とも呼ばれています。

落葉の後、サンシュユの果実は太陽をいっぱい浴びて真っ赤に熟し、秋から冬に向かうころがいよいよその収穫のときです。

サンシュユの故郷を訪ねました。

韓国の仁川空港に到着後、バスに乗ること4時間。
車窓は自然の風景に変わってゆきます。

仁川空港から安東(アンドン)へ

自然にのびのびと育つサンシュユの果実

安東(アンドン)という地域の山間に、澄んだ空気の中、真っ赤なベールをまとったような鮮やかな景色が現れます。

サンシュユ果実の林

それがサンシュユの自然林。

人間の手を借りず、自然にのびのびと育ったサンシュユの果実。
農薬や化学肥料…そんなものとは無縁の世界です。

寒さに耐えて成分を蓄えるサンシュユの果実

サンシュユが収穫されるのは11月ごろ。
山あいの産地では雪が積もることもあります。

町にすむ人々が冬の準備を始めるころ…
サンシュユの果実は寒さに耐えて、パワーを蓄えながら収穫の日を待ちます。

雪に耐えるサンシュユ

人の手で栽培された果実とは違い、自分の力でたくましく育ったサンシュユは有用成分と生きる力がたっぷり!

もちろん農薬も使われていません。
さらに、韓国の土壌はゲルマニウムなど ミネラルがいっぱい

美しい空気と豊かなな土壌…
自然の中で力強く育ったサンシュユは、韓国では健康のために主に飲料として用いられています。

サンシュユは優しい癒しの植物

サンシュユは癒しの植物

植物にはそれぞれに性質があり、その性質を生かして私たち人間のの役に立とうとしてくれます。

頭の目覚めに役立つもの、くつろぎを与えてくれるもの、温性のもの、冷性のものなどいろいろです。

その中で、サンシュユはどちらかというと〝くつろぎ〟を与えてくれる〝温性〟の性質

私たちに優しく働きかける〝癒しの果実〟です 。

サンシュユに含まれる成分は?

サンシュユの果実には、イリドイド配糖体のモロニサイド・ロガシン・ ウルソール酸・タンニン・サポニン・リンゴ酸などが含まれています 。

◆サンシュユの成分/ウルソール酸

ウルソール酸は、ローズマリー・セージ・デュボイシア・びわの葉などの植物からごくわずかに取れる成分。
コラーゲンの働きを助けるため、若々しさを保つ性質が注目されています

~ウルソール酸のエピソード~

14世紀のハンガリーにエリザベートという王妃がい ました。
70歳を過ぎた彼女が、ウルソール酸を含む ローズマリーで作った「ハンガリーウォーター」
を使ってみたところ…
肌や身体の若々しさを保ち、ポーランドの20代の国王からプロポーズされたと言い伝えられています。

◆サンシュユの成分/イリドイド配糖体(モロニサイド・ロガニン)

イリドイド配糖体はいくつもの種類があり、身体のリズムを調整する働きが知られている。

くつろぎを与え、身体を健康に保つということから、アメリカで研究が進んでいる注目の成分。

◆サンシュユの成分/サポニン(コルニン)

サポニンは漢方の材料などによく含まれる成分。
身体のめぐりを助けることで知られています。

その一種コルニンはゆったり感を助け、心を元気に保ちます。

この他にサンシュユは、タンニン、オレアノール酸など身体の若々しさを助ける成分が含まれています。

『サンシュユ濃縮液』の開発秘話

サンシュユは古来から重用された食品ですが、煎じて飲むには手間がかかり、しかも、サンシュユの有用成分を十分に摂ることができません。

そこで、考えに考えた結果…
サンシュユの有用成分を100%以上引き出せて、さらに手軽に飲めるのが、濃縮液にすることだったのです。

そして7年かけて開発されたのが『サンシュユ濃縮液』

サンシュユ真液LX濃縮液

収穫量の少ない日本では、古くから 他の植物と一緒に煎じて飲まれてきました。

そんなサンシュユの果実だけをそのまま絞って飲めるなんて とてもユニーク!!

しかも通常のジュース感覚で飲めて、「飲み物としておいしい」というのがうれしい驚きでした!

『サンシュユ濃縮液』の匠は頑固一徹

サンシュユ濃縮液の匠は頑固一徹。
「サンシュユ自身がもつ有用成分を損なわず、果実以上にパワーを引き出して、多くの方の健康に役立てたい」

そのような熱い情熱のもと、妥協は一切せず、7年かけて最高の製造方法と配分率を研究。

材料にこだわるだけではなく、製法にも強いこだわりを持ち続けています。

サンシュユ真液カップで

もちろん防腐剤や着色料、香料、乳化剤は一切使っていません

「お客様の健康のお役に立ちたい」
「お客様により良いものを提供したい」

最近の日韓関係は、韓国の反日感情が強く出ていて両国の関係はあまり良好ではありません。

しかし、私たちと匠の思いが、日本と韓国という近くて遠い関係を越え、サンシュユを通して私たちを結び付けてくれたのかもしれません。

さわやかな感動が残る旅でした。

『サンシュユ真液LX』原料・製造 のこだわり

原料のチェックは入念!

収穫されたサンシュユの果実は、運び込まれた農家ごとにネームをはり、品質をカゴごとにチェックします。

サンシュユ真液LXの原料選び

品質の悪い農家はその段階で選別して取引を停止。

サンシュユの収穫

本当に良いものだけをお客様にお届けしたいから…

●育ち方がわからない原料、質の悪い物は使いません。

●特に、中国産や北朝鮮産の果実はたとえ安価であっても絶対に使いません

●栽培ものではなく、自然に育った果実、天然の素材にこだわっています。

これが『サンシュユ真液LX』原料選びのモットーです!

サンシュユ真液LX こだわりの製造方法

選び抜かれた元気なサンシュユ果実は、その後、専用タンクでじっくり熟成され、長年の経験によって最も良い熟成具合に。
さらに養分とパワーが引き出されます。

サンシュユ真液LXの専用タンク

植物の成分は極端な高熱や低温で失われるものがあります。

だから、高熱処理や冷凍をしないのも「こだわり」のひとつ。

サンシュユ本来の有用成分をそのまま生かして、ていねいに作られたのが『サンシュユ真液LX』。
飲んでみると、サンシュユの果実以上の力強さが感じられます
あなたもぜひお試しください。