bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

37歳で結婚。高齢での妊活なので妊娠しにくいのかと悩んでいます。

こだからひろばQ&A

usagi3_100

37歳・匿名希望様からのご質問です

はじめまして。
妊娠できず悩んでおります。

昨年、37歳で結婚したこともあり、初産には高齢です。

すぐに妊娠したいと思い、昨年末より婦人科にかかり、タイミング法、クロミッドなどの薬、そして排卵誘発剤をつかって、すでに4ヶ月ためしましたが、妊娠しません。

不妊検査では異常なしなのですが、やはり高齢ということで妊娠しにくいのかと悩んでいます。

あと思いあたる点といえば、高温期でも36.6度ぐらいと低いので黄体ホルモンがあまりでないのかと心配しています。
冷え性をなおせばなるのか不安です。

人工授精もすぐに、そして最終的には体外受精も必要かと悩んでいます。

アドバイス願います。

抱っこするママ

友達の妊娠で心を痛めていませんか?

「赤ちゃんは必ず一番いい時期に生まれてきてくれる!」信じる気持ちがわいてくる動画です。⇒詳しくはこちら


f883da62716dc225cbc13fd9ae1

akachan1_77

ストレスや身体の疲れが出血の原因になっているかも知れません。

あなたの場合、不妊検査で異常なしということであれば、可能性は高いと思いますよ。

悲観せず、できることを続けていきましょう。

冷え性でいらっしゃるということですが、冷え性や低体温ですと、血液の循環が悪くなり、血液によって運ばれるホルモンなどの機能も悪くなります。

その結果、卵巣や黄体の機能も低下しますので、これは是非とも改善しましょう。

生活習慣を見直せば必ず改善できますよ。

冷え性を治して妊娠された例は数限りなくありますので、希望をもって実行していってください。

食べ物に気をつけて身体を温めましょう

まず、食生活です。

規則正しくバランスよく食べるというのはもちろんですが、食べ物には身体を冷やすものと温めるものがあります。

知っておくと便利ですので、ぜひ参考になさってくださいね。

また、あなたはどちらかというと色白で皮膚や筋肉が柔らかいタイプの方ではないでしょうか?

日本人の女性に非常に多いタイプなのですが、このようなタイプの方は身体に余分な水分がたまっていることが多く、それが冷えの原因になります。

もし思い当たることがおありになるようでしたら、清涼飲料などの余分な水分をとることを控え、質の良い塩分(精製塩ではなく、自然塩)
を積極的に摂られることを、おすすめ致します。

◆参考文献:「病は”冷え”から」石原結實著

下半身をしっかり温めましょう

また、子宮や卵巣のある下半身を温めること、血流を良くすることがとても大切ですので、入浴時の半身浴、ストレッチ、就寝時のゆたんぽ、日ごろの服装で下半身を冷やさないようにする、などの工夫も有効です。

赤ちゃんは温かい子宮の中で健やかに育ちます。

身体を温めるということは、妊娠後の赤ちゃんの発育にも良い影響を与えますので、今からその準備をするつもりで、取り組んでいかれてはいかがでしょうか?

余談になりますが、パラベンや硫酸系の界面活性剤が含まれたシャンプー、洗剤、化粧品などは、生殖機能への影響を危惧する研究も進んでいますので、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

シルクの温かグッズ

必ず良くなるという前向きな気持ちも大切です

確かに35歳を過ぎると、初産には高齢ではあるかもしれません。

しかし、受胎、妊娠という営みは、人間の知識をはるかに超えた意思が働いているとしか思えないような、神秘的な部分があることもまた確かです。

すぐにでも妊娠を…と思われるお気持ちはとてもよくわかりますが、このような大きな意思を信じて、ゆだねてみるという気持ちの ゆとりも大切かもしれませんよ。

人間が生きていく上で、先々を考えて手を打っていくというのは必要なことです。

が、それが取り越し苦労となり、心を支配してしまいますと、それで心が固くなり冷えていき、その心の冷えが身体にも影響してしまいます。

今流行りの自己実現系の書籍に、心の法則が書かれているのを見かけられたことはありませんでしょうか?

心とは不思議なもので、思っていることが実現していくようです。

悲観的なことを思うと、悲観的な人生が、明るいことを思うと明るい人生が開けてきます。

ですから、気持ちを前向きに持ち、必ず良くなっていくという希望をもち、できる努力をしていきましょう。

そうすると、いつのまにか妊娠しやすい身体になっていく・・・・そのようなものです。

充実した愛ある家庭づくりを!

高齢だからといって、自然妊娠の可能性がないわけではありません。

人間の身体も自然の一部ですので、生命を育む状態になれば、必ず生命が授かるものです。

そのための準備期間を与えられたと捉えられて、身体作りと心作りに励まれ、そして、ご主人様との充実した愛あふれる家庭作りを工夫されてみてはいかがでしょうか?

そうしていくことによって、心が前向きになり、身体にも活力が出てまいります。

そんな準備ができたら、あなたのご家庭に生まれたいという赤ちゃんがきっと現れるはずです。

妊娠しやすい心と身体を作ることにより、不妊治療の効果も上がってくると思いますよ。

焦らず、希望をもって改善していきましょう。

私たちも心から応援しております。

歩くうさぎ

結婚7年たっても恵まれず悩んでいました

そんな方からうれしいお便りを頂きました。

妊活を卒業した女性が続けていたことは

⇒詳しくはこちら

あなたに宿る時期を待っている赤ちゃんからのメッセージ