bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

42歳で妊娠を希望。体外受精でよい卵が取れる方法は?

こだからひろばQ&A

usagi3_100

42歳・匿名希望様からのご質問です

はじめまして。

42歳妊娠を希望しております。

40歳でタイミング41歳で人工授精で計3回妊娠しましたが、いずれも8週で心拍停止、

出産にまでいたっておりません。

現在、体外受精(4回)しましたが受精卵の分割が途中で止まってしまい、移植までたどり着いた事がありません。

40歳を過ぎると良い卵子がでにくいようですが、何とか方法はないでしょうか

今はジムに通ってトレーニングで体を鍛え、お休みの日はウォーキングをしています。

他にも何かアドバイスがあれば教えて下さい。宜しくお願いいたします。

f883da62716dc225cbc13fd9ae1

akachan1_77

身体を温め、気持ちを緩めて質の良い卵を。

不妊治療に取り組んでいらっしゃるということですね。

今までにもいろいろな努力をしてこられたことでしょう。

早く赤ちゃんができるといいですね。

体外受精で質の良い卵を…ということですが、以前、同じようなケースの方のお話を聞いたことがあります。

その方の場合もあなたと同じ年齢で、質の良い卵ができず悩んでいらっしゃいました。

それまでにも、あらゆる努力をしてこられ、それでも妊娠できなかったので、「もうできるだけの努力はしたので、自分へのご褒美をあげよう」とエステや趣味にと生活を楽しむ方向に気持ちを変えたそうです。

そして、「身体を温める」ということに集中して体質改善したところ何と、質の良い卵ができ、無事出産されました。

このエピソードがお役に立ちますでしょうか?

ポイントは2つです。

  • まず、思いつめて張り詰めていた気持ちを緩めたこと。
  • そして、身体を温めたということです。

この2つについて、もう少し具体的にお話してみましょう。

はじめに、身体の温め効果についてです。

身体の臓器が活発に働くためには、一定の体温が必要なのですが、体温が低く冷えた状態ですと、機能が低下します。

特に卵巣や子宮の機能は、冷えに敏感ですので、身体を充分に温めるように工夫してください

自分では冷えているという自覚がなくとも、現代社会は冷えを招きやすい環境になっていますので、ぜひ温めるということを生活に取り入れてください。

特に下半身、骨盤内を温め卵巣への血流を充分にすることによって、卵の発育が良くなります。

光の玉の中の赤ちゃん

妊活中の繊細な心を癒しませんか?

人の心ない言葉、家族の何気ない言葉で落ち込む… そんな時は、この動画で心を癒してくださいね。⇒1週間限定 無料公開!

身体を温める方法とは

1.半身浴(または足湯)

半身浴は身体、特に卵巣や子宮のある骨盤内を温めるのに非常に効果があります。

骨盤内の血流を増やすことで卵巣の機能が改善されますので、週に何度か(はじめはできれば毎日)必ず行いましょう。

今流行の岩盤浴なども、気分転換にもなって良いかも知れませんね。

また、「冷え性の原因と対策/入浴編」にあります、「粗塩マッサージ」も大変効果的です。

2.骨盤内の血行促進ストレッチ

下半身の関節や筋肉を柔軟にすることで、骨盤内の血流がアップします。

3.自律神経を整え、身体の熱を生産する運動

筋肉を動かすことで、体熱を生産し、身体を温めます。

また、リズミカルな運動は、生殖能力と深い関係のある自律神経を整えますので、一挙両得です。

できれば、日中屋外で行いましょう。

自律神経が更に整いやすくなり、身体に活力が出てきます。

今実践していらっしゃるウォーキングはとてもよいと思いますよ。

4.食事

食品にも身体を温めるものと冷やすものがあります。

なかなか温めるものだけを摂るというわけにはいきませんが、冷やすものを食べたら、温めるもので補う…など、知っておくと工夫できますので、参考にしてください。

食事の改善だけで生理周期が改善されたという方もいらっしゃいますよ。

歩くうさぎ

年齢が気になって焦る

妊活歴は長いのに…どうすれば授かるのかわからない

そんなあなたにぜひ聞いてほしい
妊活を卒業した女性が続けていたこと

⇒詳しくはこちら

気持ちを緩める方法とは

次に、「気持ちを緩める」ということについてです。

なぜ気持ちを緩めると妊娠したのでしょうか?

これは、ご紹介した方の例だけでなく、「あきらめたら妊娠した」というケースは非常に多く見受けられます

これはひとつの心の法則といっても良いでしょう。

欲しい、欲しい、これさえ何とかなれば…こう思っているうちは心が硬くなっていて、光がささない…。

追いかければ追いかけるほど、欲しいものは逃げていく…。

でも、「もうイイや」と神様にでも預けたような気持ちになって、今できることをして、生活を大切にしていたら、心がゆるんだ分、光のようなものがさして、欲しいものは向こうからやってきた

こんな感じでしょうか?

これはひとつの法則ですので、この法則を受け入れて、思い当たることがあれば、何か実践してみてください。

今与えられているもの…

例えば、共に人生を築くご主人様とか、経済、生活環境など…

このようなことに感謝をして「最良の今」を作ることに努力していると必ず未来は開けてくるものです。

最後に、医療ではこの方法がだめならこれと、どんどんステップをアップしていきます。

でも、これにとらわれて、原点を忘れないようにしてくださいね。

原点とは、ご夫婦が愛し合うということです。

これまでは、タイミング療法をしても妊娠しなかったかも知れません。

でも、これからもずっとそうとは限らないのです。

体外受精がお二人の選択ならば、その治療を受けつつも、自然妊娠の可能性も捨てないでください

ご夫婦の愛を確かめ合うということは、とても大切なことですし、その愛が深まれば深まるほど、粘液の分泌や精子の運動率もあがって受胎の確立が高くなります。

それほど人間の命の営みは、精神的で神秘的なものなのです。

ですから、自然妊娠の可能性も捨てずに、ご夫婦が自然に愛し合うということそのものが、治療の効果をあげることもあるはずですよ。

今以上に幸福な家庭生活を築きつつ、体質改善していってくださいね。

私たちも応援しております。

4足重ねばき靴下

赤ちゃんは温かいママのおなかに宿ります

だから、ママになる準備には温活が大切!

ポカポカ感を保つ温活にはポイントがあります。
⇒詳しくはこちら

あなたに宿る時期を待っている赤ちゃんからのメッセージ
Play
Arrow
Arrow
Slider

TOPIC