bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

第5位 冷たい食べ物に気をつけた

妊娠対策ランキング 第5位

食べ物は体質を変える大きな要因ですので、食生活に取り入れてくださいね。

身体を冷やす食べ物と温める食べ物

基本的に、冷たい飲食物は身体を冷やしますが、それ以外にも性質として身体を冷やす食べ物と温める食べ物があります。
妊娠しにくいという方は、ほとんど身体が冷えていますので、温める食べ物を中心にとるようにしましょう。

温める食べ物の特徴

  • 北方でとれたもの
  • 硬いもの
  • 塩分(自然塩)の多いもの
  • 赤・黒・黄色・橙色のもの
  • ビタミンD・E・A
  • 渋い・苦い・塩辛い

温める食品

穀類

そば・ひえ・あわ・ごま

野菜

朝鮮人参・自然薯・ふき・山芋・かぼちゃ・ごぼう・にんにく・にんじん・塩味のたくあん・タンポポ・やまごぼう・ヨモギ・くず・オオバコ・ノビル・にら・しそ・レンコン・しょうが・漬物

果物

梅・なつめ・栗・りんご・さくらんぼ・ぶどう・プルー・ 乾燥果物(ドライフルーツ)

鳥獣類

チーズ

魚介類

塩干し魚・赤身の魚・淡水・ 白身の魚・鯉・塩辛・数の子・するめ・たこ・いか

調味料

自然塩・ごま油・味噌・しょうゆ・にんにく粉・タマネギ粉

飲料

番茶・ほうじ茶・タンポポコーヒー・ヨモギ茶・日本酒・赤ワイン

菓子

ゆで小豆・きな粉・黒砂糖

海藻

塩コブ・ひじき・ワカメ・のり

冷やす食べ物の特徴

  • 南方でとれたもの
  • 柔らかいもの
  • 水分の多いもの
  • 紫・青・緑・白いもの
  • ビタミンC・B
  • えぐい・辛い・酸っぱい・甘い
カップル_ハート

タイミングで主人の機嫌を損ねてしまった・・・

そんな経験はありませんか? 排卵日の夫婦の関係をハッピーにするための動画。
⇒期間限定 無料でご覧いただけます!


冷やす食品

穀類

白パン・小麦・大麦・白米

野菜

わらび・ぜんまい・たけのこ・なめこ・なす・トマト・レタス・唐辛子・春菊・ほうれんそう・こんにゃく・大根・ピーマン・かぶ・白菜小・松菜・ヤツガシラ・インゲン・ウズラマメ・エンドウ・みょうが

果物

バナナ・レモン・みかん・柿・なし・スイカ・メロン・パイナップル・グレープフルーツ・マンゴー・パパイヤ・キウイフルーツ・果物ジュース・缶詰の果物

鳥獣類

ハム・ベーコン・ソーセージ・鯨肉

魚介類

佃煮(甘味)・かまぼこ・ちくわ・くらげ・マグロ

調味料

白砂糖・こしょう・ざらめ・みりん・カレー粉・わさび・化学調味料・化学薬品

飲料

コーラ・ワイン・コーヒー・ウィスキー・緑茶・ビール・ヨーグルト(甘味)・ココア

菓子

チョコレート・甘納豆・ようかん・あめ・キャラメル・カステラ・あんぱん・アイスクリーム

海藻

とろろコブ(酸味)・ところてん・のりの佃煮(甘味)・モズク

akachan1_77

どうすれば授かるのかわからない

年齢が気になって焦る
妊活歴は長いけど…

妊活を卒業した女性が続けていたことは

⇒詳しくはこちら

温める食べ方・冷やす食べ方

調理や加工で温める性質に

調理や加工で温める性質に

  • 塩漬けにする・発酵させる・干し物にする・煮詰めるなど(ナスや大根、白菜の塩漬けやぬか付け、切干大根、干し柿、トマトピューレ・番茶・ほうじ茶などがそれにあたります)
  • 野菜は生ではなく火を通し、塩味をつけて食べると良い
  • 白米に五穀米や黒米、玄米を混ぜて炊く
  • ごはんにごま塩をかけて食べる
  • ドレッシングにしょうがをプラスする
  • 献立の組み合わせで、温めるものを多くする

などなど。試してみてはいかがでしょうか。

こんな食べ方は身体を冷やすもとに

  • 食べ過ぎ
  • 極端な減塩
  • 水分の摂り過ぎ
  • 化学薬品・化学調味料の摂り過ぎ
  • 白砂糖・添加物の摂り過ぎ

添加物の多いコンビニ食や加工食品を減らし、できるだけ自然なものを適量、よく味わって食べるのがよい食べ方です。

?妊活中のあなたへ 流産後の心のケアに…

ホルモンを整える食べ物

ホルモンバランスを整えるのに有効な食品はできるだけ毎日摂るようにしたいものです。

ホルモンバランスを整える食べ物

種子食品

豆類(大豆・黒豆・緑豆・えんどう豆など)玄米、小麦、ごま、雑穀、ナッツ類

発酵食品

納豆、漬物、味噌、しょうゆ など

青背の魚

さば、いわし、さんま など

亜鉛を含むもの

しょうが、ごま、カキ、アサリ、 エビ、カニ など

自然塩

ミネラルをバランス良く含んだ自然塩は、身体を害さず効果的に温めるので極端な減塩は避けましょう。

大豆食品で着床力アップ!

イタリアの研究者による実験で「大豆イソフラボンを摂取した女性はその他の女性に比べて着床率が高くなる」ことが明らかにされました。

納豆や豆腐、煮豆、豆乳、みそ、しょうゆなども積極的に摂りたい食品ですね。

卵子の質を良くする食べ物

卵子には多くのミトコンドリアが含まれていますが、ミトコンドリアの発育にはカリウムが必要です。
また、活性酸素などで痛んだ細胞を正常化するには葉酸が有効です。

卵細胞を損ねないために、妊娠前から葉酸の摂取を勧める医師もおります。

カリウムと葉酸を摂るには野菜が有効ですが、身体を冷やさず量を摂るには、温野菜がおススメ。
サプリ等で不足分を補うのも良い方法です。

食品添加物に注意

食品添加物は活性酸素を生み出しやすく、細胞を痛める恐れがあります。

防腐剤や着色料、発色剤などの添加物が含まれた食品はできるだけ避けましょう。

4足重ねばき靴下

赤ちゃんは温かいママのおなかに宿ります

だから、ママになる準備には温活が大切!

ポカポカ感を保つ温活にはポイントがあります。
⇒詳しくはこちら

食事の効果がアップする方法

身体によい食品をとっていても、今一つ効果が出ないという場合、

消化吸収する力が低下している、あるいは吸収しても身体に巡らせる力が弱いということが考えられます。

消化吸収モードはリラックス

消化吸収は副交感神経がつかさどっています。

ですから、緊張をほぐしてゆったりとした気持ちで食事を楽しむことが大切…

ひとつひとつを味わいながら、美味しく楽しんで食べましょう。

誰かと食べる場合、一緒に食事できることがうれしいという気持ちで食べましょう。

「いただきます」「ありがとう」が消化吸収を促進

食事は動植物のエネルギーや栄養素を身体にめぐらせることでもあります。

ですから、動植物が与えてくれる「いのち」を大切にいただくという気持ちで食べることが効果的…

このような気持ちが、身体と食べ物、大自然とを調和させ食事の効果を倍増させます。

身体がそれらのエネルギーや栄養素を、よりしっかりと吸収してめぐらせるために「ありがとう」「いただきます」という感謝の気持ちで食事しましょう。

日本人の習慣…「いただきます」にはそのような深い意味が込められているのですね。

Play
Arrow
Arrow
Slider

>>他の動画を見る

TOPIC

妊娠対策ランキング