動画_赤ちゃん天使のメッセージ bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

第2位 のんびり過ごす時間をつくった

妊娠対策ランキング 第2位

あなたの日々の生活を振り返ってみましょう。

朝起きたら食事の準備、あわただしく身じたく、時間に追われて家事や仕事をこなす…

夕方は買い物、帰宅後すぐに夕食準備

めまぐるしい日々の生活…あなたの脳はいつもベータ波ではありませんか?
カチカチ カチカチ…、頭の表面、理性と知性がいつも動いています。そして、神経は交感神経優位の緊張モード… 。

妊娠脳を解放しましょう

旧皮質と新皮質

「妊娠脳」という脳が実際にあるわけではありませんが、妊娠をつかさどるのは脳の深い部分の「旧皮質」というところです。

上記のような生活では脳の表面にある「新皮質」が活発に働きすぎて妊娠をつかさどる「旧皮質」を抑え込んでしまいます。

また、旧皮質は感性をつかさどる脳の部分…。新皮質がつかさどる知性を働かせすぎても抑え込まれてしまうのです。

ですから、妊娠についてあまり難しく考えすぎたり、タイミングにこだわりすぎたりするのも逆効果となります。

のんびり時間で感性を解放!

のんびり時間で感性を解放

のんびりする時間を過ごすことによって、脳の表面の部分の活動が静かになります。それとともに、感性が解放されるのですね。
そして、感性をつかさどっている「妊娠脳」旧皮質が働きやすくなります。
のんびり、ゆったり過ごす習慣をつけることで、妊娠しやすい状態になりますよ。

  • お茶やコーヒー・ハーブティーなどを楽しむ
  • ゆったりとした音楽を聴く
  • ぬるめのお湯でゆったりと入浴
  • 空や花など自然を眺めてゆったり
  • お気に入りの喫茶店でのんびり

水が流れる音を聞いたり、動植物に触れる、キレイなものを見ることも感性を解放します。
ゆったりと『くつろげる』感覚を楽しんでくださいね。

小冊子プレゼント

のんびり時間で自律神経も整います

仕事に家事にとテキパキ動く毎日…
時間に追われる現代社会では神経の緊張状態が続きます。
一方、自律神経は交感神経(緊張神経)と副交感神経(リラックス脳)で構成されています。
そのため、神経が緊張した状態が続くと、交感神経がいつも働いている状態となり自律神経のバランスが崩れてしまいます。
ですから、意識的にのんびりした時間をとることによって副交感神経を働かせ、自律神経のバランスを整えることができます。
自律神経は生殖機能と密接な関係にありますので、のんびり時間で自律神経を整えることによって妊娠しやすい状態になるわけですね。

Arrow
Arrow
Slider

>>他の動画を見る

妊娠対策ランキング