bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

妊活中には気を付けたい!ストレスが及ぼす心と身体の冷え

不妊症・冷え性を招きやすいストレス

e7e556fee28f6057e65d4f1a6d1b0717_s

不妊症の原因として冷え性は深刻な問題です。

逆にいえば、冷え性を治すことによって妊娠しやすい身体を作り、不妊治療の効果もあがる可能性があります。

冷え性の原因には生活習慣はもちろんですが、ストレスという心の作用も大きく影響します。

では、不妊症や冷え性を招きやすい心の作用とはどのようなものでしょうか.

具体的に言うと、気持ちの持ち方、精神的傾向がマイナスになり、その状態が長く続くことによって心の冷え性となり、身体にも影響を及ぼすようになります。

抱っこするママ

友達の妊娠で心を痛めていませんか?

「赤ちゃんは必ず一番いい時期に生まれてきてくれる!」信じる気持ちがわいてくる動画です。⇒詳しくはこちら


heart_004b

これを東洋医学や気功学的に言うと、「心が滞ると身体的な気も滞り、冷えや内臓の機能低下を起こす」ということになり、西洋医学的に言うと、「精神的ストレスが交感神経と副交感神経のバランスに影響を与え、免疫力やからだの機能が低下する」ということになります。

また、最近多くの書籍でも見られるように、イメージの力や想念の力が先の人生を創っていくといわれています。

私たちが何気なく使っている心の作用は、思いのほか大きな力を秘めているようですね。

不妊症・冷え性を招きやすいマイナスの心とは?

では、身体にマイナスの影響を及ぼす心のもち方とはどのようなものでしょうか。

具体的に言うと次のようなものが考えられます。

ねたみ・恨み・不平不満・排斥・悲観・怠惰・過ぎた欲望・怒り・自己嫌悪

などいろいろな気持ちがマイナスに働きます。

例えば、夫や家族、職場での上司や同僚などとの人間関係によってもいろいろな心が働きますね。

何であんなこと言うんだろう、何であんな事するの?理解できない。いやだな…

また、何でうまくいかないんだろう…。どうせまたダメなんじゃないか…

などつい悲観的になったり、自己嫌悪におちいったり…

私たちの心は四六時中動いています。

家庭や社会の中で生活している以上、心が動くのは仕方ありません。

でも、このようなマイナスの心にとらわれず長く思い続けることをやめて、前向きに生きることで心も身体も人生もずいぶん変ってくるはずです。

4足重ねばき靴下

赤ちゃんは温かいママのおなかに宿ります

だから、ママになる準備には温活が大切!

ポカポカ感を保つ温活にはポイントがあります。
⇒詳しくはこちら

マイナスの心の対処法

322425-480

マイナスの心を変えていくといっても、アッまたこんなこと思っちゃった!自分の心が変えられない、どうしよう…

自己嫌悪におちいったり、自分を責めたりしてしまうと、かえってそれも逆効果になってしまいます。

kokoronokagi
では、気持ちを切り替えるにはどうしたらいいのか・・・・

心がマイナスに動いてしまうこと自体が悪いのではありません。

それを長く引きずってしまうことが、身体や人生に良くない影響を及ぼしてしまうと言うことなのです。

それは、マイナスの反対、プラスの思いや行動、言葉を努めて出すようにすること。

プラスでマイナスを消し、プラスマイナスゼロにして、更にプラスを増やしていきましょう。

そうすることによって心の冷えもなくなり、身体の機能も活性化

身体ばかりでなく、自分の周りや家庭の中まで温かくなってくるはずです。

akachan1_77

どうすれば授かるのかわからない

年齢が気になって焦る
妊活歴は長いけど…

妊活を卒業した女性が続けていたことは

⇒詳しくはこちら

赤ちゃんは温かいのが好き?

赤ちゃんはお母さんの心や身体、そして家庭も温かいところが大好き

ですから、不妊症を克服し、愛情たっぷりの子育てをするために、心も身体もポカポカ家庭を作りましょう。

そうすれば必ず、かわいい赤ちゃんがやってくるはず。

私たちもそのためのお手伝いをしたいと切に願っています。

♡妊活中のあなたへ 流産後の心のケアに…

Play
Arrow
Arrow
Slider

>>他の動画を見る

不妊ストレスを癒しましょう