動画_赤ちゃん天使のメッセージ bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

低温期の状態は?基礎体温の低温期の過ごし方とからだの変化について。

低温期には月経期と卵胞期があります

074616

低温期とは生理開始から排卵日までをいい、月経期と卵胞期に分かれます。

基礎体温には、高温期と低温期があるということはすでにご存知ですね。

このような体温の差ができるのは、女性の身体が分泌するホルモンと深い関係があります。

生理が始まると体温を上げる作用のある黄体ホルモンの分泌が少なくなって、体温が下がるわけですね。

低温期は大きく2つの期間に分かれ、生理開始から1週間程度を月経期、その後排卵の準備に入る一週間程度を卵胞期といいます。

akachan1_77

基礎体温を整え、妊娠する力を引き出しましょう

体質改善や生活パターンの改善をしていますか

職場の冷暖房や季節の変化にも負けない身体を保ちましょう

妊活を卒業した女性がしていたことは?
⇒詳しくはこちら

低温期における身体の状態

それでは、低温期の身体の状態について、低温期前半の生理開始から排卵までの期間「月経期」と低温期後半の「卵胞期」に分けてご説明しましょう。

低温期前半 生理開始から一週間「月経期」の身体の状態と過ごし方

低温期には、身体は排泄モードに切り替わります。

黄体期に形成された子宮内膜がはがれ、血液とともに排泄するため、子宮筋が収縮します。

生理前に低下していた胃腸の働きも活性化して、収縮も強くなりますので、吐き気や下痢を起こすこともあります。

骨盤内ではうっ血が起こりやすく、子宮内でも内膜がはがれるために、下腹部痛や腰痛、だるさなども出てきます。

月経期の骨格の変化

女性の身体は、周期によってあらゆる面で変化が起こります。

低温期になり生理が始まると骨盤が開きます。
開く度合いは出血の多い2日目が最大で、4日目くらいでもとにもどります。

また、その骨盤の動きに連動して、頭蓋骨も動きます。

そのため、生理中に頭部に刺激を与えると、骨盤にもねじれが起こるといわれています。

逆に、頭蓋骨や肩甲骨が緊張していると、骨盤の動きも悪くなり、生理痛や子宮筋腫などの不具合を起こしやすくなります。

昔「生理中は頭を洗ったり、髪を切ったりしてはいけない」といったのはそのためなのですね。

4足重ねばき靴下

低温期は身体の排泄モードに気をつけよう

質のよい睡眠・血流を促すための筋力アップは大切です!

温かく過ごすための温活のポイントは?
⇒詳しくはこちら

「月経期」のキーワードは「排泄」です

月経期は身体が排泄モードになりますので、副交感神経が優位となります。

そのため、眠気がさしたり身体がだるかったりするのですね。

この時期はできれば緊張を避け、活発な活動は避けたいもの…

とはいえ、現代社会に生きているとそうも言っていられません。

ですから、この事を知った上で、あまり無理しないで付き合いもほどほどにするなど、ゆったりとすごし、緊張を和らげる時間を多くすることが必要かも知れません。

月経期の食べ物について

929ad9f25c28a7048cd9df6d4a37a12a_s

月経期は排泄モードとなり、子宮内の不要物をできるだけ残さず体外に出そうとします。

この排泄物が出きらずに、体内に残ってしまうと、お血になったり、子宮筋腫や子宮内膜症の元になりかねません。

動物性食品は、身体の吸収機能を活発にし、排泄作業を妨げますので、この時期は動物性食品の摂取を少なくしましょう。

また、身体を冷やすと排泄機能が低下しますので、できるだけ温める作用のある食べ物をとることをオススメします。

生理が来た時の落ち込み

低温期後半 生理後から一週間「卵胞期」の身体の状態と過ごし方

卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が高まり、心も身体も生き生きとする時期です。

この時期には、あなたの中で「卵子」が育っています。

赤ちゃんがお腹に宿ることも神秘的ですが、その前から身体の中で命のもとになる細胞が育まれているのです。

卵胞期は卵子が育つ環境を

卵胞期の食べ物について

卵胞の発育に必要な血と潤いを補い、健やかな卵胞が育つように身体の環境を整えましょう。

エネルギーを補う食品

黒いものや粘りのあるものがエネルギーを補います。

黒ごま、黒豆、黒きくらげ、ひじき、山芋、ナマコ、なめこ、オクラ、そら豆、ナッツ、黒米など

※よく噛んで、食材の味を楽しんで食べましょう。

血を補う食品

色の濃いものやたんぱく質が血を補います。

プルーン、なつめ、クコの実、緑黄色野菜、黒い食べ物など毎日多品種を少しずつとりましょう。

レバー、鶏肉、牛肉の赤身、まぐろ、かつお、豆腐、納豆、大豆などからたんぱく質を摂りましょう

ただし、動物性のものは食べ過ぎると血を汚すので、植物性たんぱく質、野菜、穀類と組み合わせるのがベターです。

潤いを補う食品

野菜を中心に食べ、熱を生むものは潤いを奪うため控えましょう。

野菜を中心に、ブドウ、ナシ、みかん、スイカ、ライチ、トマト、レモン、すっぽん、アワビ、鴨肉、豚肉、蛤、レンコン、ユリ根、白きくらげ、豆腐、黒米などを摂りましょう。

油っこいものや多量の香辛料などは身体に熱を生み、潤いを消耗させます。味付けもあっさりとしたものがよいでしょう。

※果物、夏野菜、葉野菜は身体を冷やすので、ドライフルーツ、煮詰めたもの、熱を加えたものがベターです。

おススメのお茶は、ほうじ茶、ミントティー、菊花茶です。

目に見えない命に思いをはせましょう

 

低温期のこの時期は目には見えませんが、女性だけに与えられている神秘的な時期。

あなたの中ではぐくまれている「命」に思いをはせて、両手をおへその下にかざし、深呼吸してみましょう。

あなたが本来持つ「育む心」が引き出されます。

緊張から解き放たれたゆったりとおおらかな状態が卵胞が育ちやすい状態です。

そして、心にも身体にも潤いが生まれ、赤ちゃん天使に通じやすい状態になることでしょう。

妊活中からとりたい栄養素

あなたに宿る時期を待っている赤ちゃんからのメッセージ
Arrow
Arrow
Slider
  • 他の動画を見る
  • 大好評!妊活の疲れをいやすイメージング動画はこちら
  • 赤ちゃん天使ってなあに?
  • 関連記事