bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

流産の対策と予防法は?母体の改善法は?

漢方から見た流産

身体が冷えると卵巣や子宮の血流が減少し、黄体機能や子宮内膜の働きが不全となり、胎児が育ちにくくなります。

その結果、流産しやすくなるのです。

東洋医学的には、流産は胎内で赤ちゃんを育て、無事出産するための母体を整える準備期間において起こるものと考えます。

ですから、流産はお母さんの身体の準備がまだ十分でないというサインと捕らえ、身体を整えていくという考え方が大切です。

流産の対策

流産はせっかく子宝を授かったご夫婦にとって辛い経験ではありますが、ほとんどの場合対策は見つかりますので、妊娠・出産に向けて、心身ともに準備をしているんだ」という前向きで明るく強い気持ちを持って改善していきましょう。

流産は子宮や卵巣の血行を良くし、体質を改善することによって予防することは可能です。

また、ホルモンの分泌や生命の営みは、精神的な要因の影響も受けますので、心身ともに改善していくことで元気な赤ちゃんを生める状態になります。

光の玉の中の赤ちゃん

妊活中の繊細な心を癒しませんか?

人の心ない言葉、家族の何気ない言葉で落ち込む… そんな時は、この動画で心を癒してくださいね。⇒1週間限定 無料公開!

ホルモン関係の改善による予防

ホルモン関係の改善による予防

黄体機能不全・子宮内膜症機能不全の改善

それではまず、最近増加傾向にある黄体機能や子宮内膜機能不全の 改善について考えてみましょう。

妊娠中に赤ちゃんを育てるベッドである胎盤は卵巣の黄体から分泌される黄体ホルモンと そのホルモンを受けて機能する子宮内膜機能の連携で維持されます。

ですから、そのどちらかの機能が低下し、機能しなくなると妊娠が途中で中断され、流産になってしまうのです。

このような現象は、子宮や卵巣の機能低下から起こると考えられますが、その機能低下の原因の多くは冷えや運動不足による血行障害です。

ですから、特に下半身を温めたり、ウォーキングやストレッチなどの運動で血流を促すことによって流産は予防できるのです。

現代の傾向として、オフィスで座ったまま、あるいは立ったままの姿勢を続けることが多い、ハイヒールや薄着で血行が悪くなる、冷暖房の普及で自律神経のバランスが崩れる…など、子宮や卵巣の活性化には良くない生活パターンが随所に見受けられます。

このようなことから、妊娠して胎児を育てる力のない女性が増えているといえます。

しかし、このようなことを理解したうえで、生活を改善していくことによって、妊娠、出産に適した身体作りをすることは可能ですので、まずは、ご自分の生活パターンを見直し、改善していくことが何よの予防となるのです。

4足重ねばき靴下

身体の温め、何かいいことしていますか?

ポカポカ感を保つ温活にはポイントがあります。 

季節の変わり目や冷暖房の変化にも負けない身体を保ちましょう。
 
⇒詳しくはこちら

コラム:近頃の母体の問題

最近、妊娠しても胎児を健康に育てられないという状況が見受けられます。

少しショッキングな問題ですが、例を挙げてみましょう。

厚生労働省の調査によると…

母子手帳の発行は年間200万人

そのうち生まれてくるのは80万人

そのうち奇形が30万人、健常児50万人のうち4人に1人はアトピーか喘息を発症しているということです。

gurafu[1]

これなども、母体が十分に出来ていないことの現われです。

このようなことから、赤ちゃんが育つ身体を作ろう・・・をいうことを心にしっかりと決意していただきたいのです。

高プロラクチン血症の改善

西洋医学ではこのプロラクチンを抑える薬もありますが、めまいや頭痛などの副作用を伴います。

東洋医学的には、強いストレス、イライラ、不安、心配、不眠などの情緒不安定、冷えや血行不良、ホルモンのアンバランスなどが高プロラクチンの原因と考えられていますので、生活を整え、冷えや血行不良を解消し、ストレスに強い心身の状態を作ることが大切です。

♡妊活中のあなたへ 流産後の心のケアに…

子宮の異常の改善

子宮の形の異常の改善

子宮の形に異常があっても、その形によって妊娠可能な場合と妊娠しにくい場合があります。

弓状子宮、双角子宮、重複子宮などの子宮の奇形があると流産しやすいといわれておいますが、手術で改善できますので、専門医に相談しましょう。

また、原因の項でも述べましたように、一概に形のせいとばかりもいえないこともあり、子宮内膜機能の不全が考えられますので、そちらの改善が必要です。

子宮筋腫

子宮筋腫が出来る原因そのものは冷えやホルモンのアンバランスが考えられますので、筋腫の予防には身体を温め、ホルモンバランスと関係の深い自律神経を整えることが大切です。

しかし、この場合も子宮内膜機能不全がある場合が多く、妊娠前から改善することで流産を防ぐことが出来ます。

子宮内膜症

子宮内膜症があると流産の確率が通常の2倍になるといわれています。

しかし、この場合も子宮内膜機能不全がある場合が多いと考えられます。

子宮内膜症といってもやはり異常のある場所によって流産の確率は異なり、子宮壁の中に内膜症がある場合は、流産の確立が高くなります。

子宮内腔癒着症

これは中絶手術などが原因で癒着を起こしたものです。

癒着が大きい場合は胎盤の形成を妨げ、流産しやすくなります。

子宮頸管無力症

子宮体部と頸部との境目は狭くなっています。

この部分を囲む筋肉に力がないと胎児や胎盤を支えきれず、流産してしまう場合があります。

この場合、妊娠5ヵ月以降に流産することが多く、原因は、子宮発育不全や人工中絶の影響によるものが考えられます。

歩くうさぎ

年齢が気になって焦る

妊活歴は長いのに…どうすれば授かるのかわからない

そんなあなたにぜひ聞いてほしい
妊活を卒業した女性が続けていたこと

⇒詳しくはこちら

その他の原因

代謝障害

糖尿病や腎臓病、甲状腺機能障害が流産につながる場合があります。

子宮頸管無力症

母体の持つ免疫抗体、抗リン脂質抗体が胎児の発育を抑えてしまい、その結果流産になることがあります。

子宮頸管無力症

胎児の染色体や遺伝子の異常で育たない場合、両親のどちらかの染色体に異常がある場合、母子の血液型の不適合などがあります。

子宮頸管無力症

クラミジアや淋菌、ヘルペス、トキソプラズマなどの感染により流産する場合があります。

トキソプラズマは主にペットからうつることがありますので、ペットの感染予防には気を配る必要があります。

また、クラミジアや淋菌、ヘルペスは感染する人が増えていますので、妊娠前に検査をしておくことをオススメします。

シルクの温かグッズ

Play
Arrow
Arrow
Slider

>>他の動画を見る

TOPIC