bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

不妊症解消のポイントは冷え性改善!妊娠力が上がる入浴法は?

入浴で子宮や卵巣の機能を高めましょう

不妊症の解消には、子宮や卵巣の血流をよくするのが一番。

冷え症の対策を心がけましょう。

そのために最も効果のある方法のひとつが「入浴」です。

冬はもちろん、夏場の冷房や気温の変わりやすい春や秋にも知らず
知らずのうちに冷えた身体を入浴で温めましょう。

赤ちゃんは温かい身体に宿りやすいといいます。

冷え症の対策には…

「一日の冷えはその日の内に取る」「温めた身体を保温する」これが温かい体作りのコツ。

身体は温めることによって本来の元気を取り戻します。

簡単なことでも毎日続けていると、きっと違ってくるはずですよ。

5620a3803f45a39394cba9a0f4672776_s

不妊症解消のポイント 骨盤内の血行をよくしましょう

温熱の血行効果

温熱によって血管が拡張され、血行が良好にまた、甲状腺や副腎、不妊・妊娠に深い関わりのある性腺から分泌されるホルモンがこの温熱効果によっても一時的に増えるということがわかっています。

静水圧の引きしめ効果

湯船につかったときに、身体にかかるお湯の圧力を静水圧といい、血管やリンパ管を圧迫して血行を促進代謝を活発にし、特に下半身に位置する腎臓や子宮卵巣の血流も良くなるので、不妊症には一定の効果があると言えるでしょう。

ストレス解消効果

2人でお風呂

ぬるめのお湯に入ると、アセチルコリンというリラックスホルモンが分泌され、α波が出て心身共にゆったり…

不妊症の原因ともなるストレスを緩和してくれます。

また、最近多くの書籍でも見られるように、イメージの力や想念の力が先の人生を創っていくといわれています。

私たちが何気なく使っている心の作用は、思いのほか大きな力を秘めているようです。

歩くうさぎ

年齢が気になって焦る

妊活歴は長いのに…どうすれば授かるのかわからない

そんなあなたにぜひ聞いてほしい
妊活を卒業した女性が続けていたこと

⇒詳しくはこちら

不妊症改善に注目すべきは「半身浴」

e09227888512bc96e3cef71c798371ed_s

半身浴とは

38~40℃くらいのお湯に20~30分下半身だけつかることで体を芯から温めます。肩までつかる入浴とは違い、心臓や肺に負担をかけず、長時間入ってものぼせません。

下半身を集中的に温め、子宮、卵巣、腎臓などの骨盤内の臓器の血行を促進。

まさに、不妊症で悩む方の身体に優しい入浴法なのです。

下半身から温めることによって血流が全身にめぐり、身体全体がポカポカ。

更に、普段かかないような汗をかくので毒素排泄の効果もぜひ毎日続けたいもの。
休日には1日に数回の入浴もいいかも知れませんね。

全身浴・熱めのお湯について

肩までつかる全身浴は、冷えやすい下半身よりも上半身が先に温まってのぼせてしまいます長時間入れないので、からだの表面だけが暖まり、芯までは温かくならないのです。

また、水圧がかかって心臓や肺に負担が…

更に、熱めのお湯が好きという方もいらっしゃいますが、43℃以上のお湯では血圧の上昇が著しく脳出血や心筋梗塞の危険も…

熱いお湯で短時間のいわゆるカラスの行水は、血管が収縮し表面だけが温まっているので湯冷めをしやすいのです。

また、交感神経を刺激しますからリラックスとは逆の効果で、神経が覚醒してしまい眠れないことも…

熱めのお湯で心拍数や呼吸数が上がると、心臓や肺に負担をかけるのはもちろんですが、あくる日まで身体に疲れが残る場合もあります。

身体を芯から温め、心身ともに疲れを取るには、やっぱりぬるめのお湯での半身浴ですね。

4足重ねばき靴下

赤ちゃんを迎える妊活習慣

質のよい睡眠・血流を促すための筋力アップは大切です!

温かく過ごすための温活のポイントは?
⇒詳しくはこちら

半身浴の入浴法

  • お湯の温度は38~40℃ この温度が副交感神経を刺激しリラックス効果を。
     心拍数や呼吸数が上がらない程度の熱さが目安。
  • 途中お湯が冷めてきたら、時々お湯を足す。
  • みぞおちから下(おヘソからこぶし1個分くらい上)をお湯につかるように入る。
  • 洗面器を逆さにしてその上に座ると、直接座るよりもお尻が温まりやすい。
  • 肩が寒い場合はタオルをかけるか、Tシャツを着て入ると良い。
  • 入浴時間は20~30分 本を読んだり音楽を聴いたり・・・・。
  • お風呂のふたをして入るとさめにくい。
  • 入る前にはかかり湯をして、汗が出やすいように。

※ 湯船から出て身体などを洗っている間も、洗面器にお湯をはり、足だけお湯につけて
保温しましょう。

入浴剤を忘れずに

特に一番風呂の場合はお湯が硬く、体内のミネラルを流出するなど身体にはあまりよくないといわれています。

入浴剤を入れることでお湯を柔らかくし、ポカポカ効果もアップ。

市販の入浴剤でも悪くはないのですが、せっかくなら自然のものをつかいたいもの。

当サイトのオススメは「塩」

塩には身体から毒素を吸出し温める効果があります。

この場合、やはり精製塩(塩化ナトリウム)は禁物。皮膚から吸収される異物というのもバカにできません。

自然の塩なら海の塩でも岩塩でもOK。ひとつかみの量が目安です。

ポカポカ・スベスベ粗塩マッサージ

血行促進・温め・新陳代謝や内臓の働きを活発にし、体内浄化作用のあるる粗塩マッサージ。

半身浴の後温まった身体に試してみては?からだがポカポカになり、お肌もスベスベに…

一箇所にひとつまみの粗塩を使います。

もちろん天然塩を使いましょう。

まず、冷えやすい足先から足の裏→甲→くるぶし足首→ふくらはぎ→膝、膝の裏側と下から上へマッサージしていきます。

次は腰。ウエストからお尻にかけて両手を上下させて、7~10回往復。

お腹は、わき腹からおヘソに向かって7~10回、

同じくわき腹からそけい部にむかって7~10回。

そして下腹に時計回りに円を描くようにやはり7~10回。

太腿や二の腕などの痩せたい部分、足の付け根などのリンパ節が集まる部分なども軽くマッサージするといいですよ。

簡単で効果も感じやすいので試してみる価値アリです。

♡妊活中のあなたへ 流産後の心のケアに…

不妊症解消の決め手は保温

半身浴で身体を温め、塩マッサージで更にポカポカ、入浴剤でリラックス。

でもこれで完璧ではありません。

せっかく温めたからだが朝まで冷えないようにしっかり保温しましょう。

不妊症改善には冷えをシャットアウト!これが肝腎なのです。

しっかり下半身ガード

入浴後衣服を着るときは下着を着けた後、靴下→レッグウォーマー→膝丈スパッツ→腹巻・・・・

と下半身から着けていきます。

下半身をしっかりガードしておけば、上半身は薄着でOK。

どこまで重ね着するかはご自分の状況に合わせて工夫してください。

ただし身体を締め付けるものは避けて、できるだけ吸湿性通気性の良い天然繊維のものを着用すると良いでしょう。

akachan1_77

どうすれば授かるのかわからない

年齢が気になって焦る
妊活歴は長いけど…

妊活を卒業した女性が続けていたことは

⇒詳しくはこちら

水分補給にご注意

26e8524da89609670abcbbc37a343268_m

入浴後は喉が渇いて、特に夏は冷たいビールなどをグイッといきたい…という方も多いのでは?

ちょっと待ってください。それではせっかく温めた身体を冷やしてしまうばかりか、無駄な水分をためこんでまた冷え性に逆戻り。



水分はできれば入浴前に補給しておくか、入浴後なら、温かい紅茶、番茶、などをゆっくり飲むのがいいでしょう。

ぬるめの半身浴なら、全身浴や熱いお湯とは違い、慣れればそれほど冷たいものが欲しいという感じにはなりません。

足湯の効用

9d5e8e311a6a501adc7da5e57cfecd85_s

足湯にも色々な方法がありますが、特にここでは確実に体温を上げ自律神経を整えるための足湯法をお教えしましょう。

回数

最初の2週間は毎日、その後は週に2~3回。

時間帯

秋冬は就寝直前、春夏は朝起きてすぐが理想的

忙しい場合はいつでも結構です。

方法

洗面器にお湯をはり、くるぶしの上までお湯足をつける。

温度

お湯の温度は「熱い」と感じる程度…

目安は、いつも入っているお風呂の温度プラス3~4℃

さめる場合はさし湯をして下さい。

時間

約6~7分

片方だけ白く冷えている場合は…そちらの足だけ更に2分つけます

(両足が同じように白い場合は必要ありません)

ジワッと汗が出るようになれば成功

ただし、汗が出ないからといって長く行ないすぎるのは逆効果となります。

回数を重ねて、汗の出る身体にしていきましょう。

足湯の後は・・・

コップ3分の1から半分程度の水を飲みます。水道から出る水の温度が理想的です。

お風呂に入る場合は、必ず前後1~2時間あけて行ないましょう。

どうしても入浴できない、外出して身体が冷えてしまった…などという時にもオススメです。

足先を温めることで全身の血行を促進。

また足の裏には全身のツボが集まっていますので、内臓の働きを活発に。

そして自律神経の働きも正常化されますので、ホルモンバランスが整い不妊症の改善にも役立つはず。

常に身体特に下半身をを温めることに気を配りましょう。

不妊症改善のためには継続が第一

以上のような入浴による温め効果は、身体に非常に良い影響を。

毎日続けることによって、からだが温まりひえにも敏感になりますし、何よりも気持ちがいいので、続けずにいられなくなるくらい・・・・

冷え性対策の第一のコツは、その日のひえはその日のうちに取る。そしてしっかり下半身をガードする。

続けていると身体が整い、気持ちも前向きになっていくはずです。

akachan1_77

排卵力をアップし、妊娠する力を引き出しましょう

体質改善や生活パターンの改善をしていますか

職場の冷暖房や季節の変化にも負けない身体を保ちましょう

妊活を卒業した女性がしていたことは?
⇒詳しくはこちら

薬湯のいろいろ

6bcd19bf934b6f2911b6745b2929a9c9_s

自然の植物の成分には、私たちの身体をいやしてくれる様々な成分が。

お風呂タイムが豊かになりますので、知っておくと便利。

ここでは不妊症の原因に関係のある入浴剤についてご紹介しましょう。

身近なものを使った薬湯

  • 自然塩 冷え性・水太り ひとつかみの粗塩を湯船に
  • しょうが 冷え性・不眠 1個すりおろし布袋に入れて
  • しょうぶ 冷え性・疲労回復 根・茎・葉を洗ってそのまま
  • 大根の葉 冷え性・婦人病 天火で1週間乾燥させ、5~6枚を煮出し、その汁を入れる
  • みかん 冷え性・ストレス 皮を天火で干し、3~4個分を入れる
  • ヨモギ 冷え性・月経過多・子宮筋腫 生または乾燥させた葉を数枚から10枚

シルクの温かグッズ

香り豊かなアロマテラピー

380cfa27d29b0d7a762c7ff36ae9d7fc_s

精油2~3滴をお湯にたらして入浴します

バラ

bara-gennsyu100

女性には子宮のきわめてよい強壮効果、月経前緊張症を緩和、膣からの分泌を促し、月経周期を正常化する効果が。

男性不妊にも、精液を増加インポテンツの好転などの効果が知られているとか…。

これは、そうした症状の根底にある緊張とストレスとを、「幸福感をもたらす」ホルモンであるドーパミンを放出させることによつて緩和させるからです。

また、抑うつ、悲嘆、嫉妬、憎みといった感情をほぐすのに効果があり、心を明るく高揚させ、神経の緊張とストレスを和らげ、自分自身にたいする肯定的な感情を抱かせます。

不妊治療に疲れたとき、仕事でくたくたのご主人様にもぜひ使いたい精油ですね。

イランイラン

ylang

イランイランは官能的で濃厚な、女性的な香り…

ホルモンのバランスをとり、月経前の諸症状や女性のあらゆる症状に効果を発揮。

生殖機能、特に子宮の強壮剤になるといわれています。

この花から採るアロマオイルはとても甘く、濃厚な美しい香りで、催淫作用があり、不感症やインポテンツ、早漏などの性的な障害に役立ちます。

インドネシアでは新婚のカップルが夜を共にするベットの上にこの花びらをまき、ムードを高めるロマンチックな習慣があるほど…

お二人のバスタイムにもどうぞ…

ジャスミン

jasumin100

アロマの世界では不妊症に効果があるということで有名。

官能的な香が生殖機能に働きかけます。

女性には、月経痛・膣感染症・ホルモンバランスの正常化。

男性不妊には、精子の数の増加・インポテンツの好転させるなど、心身ともにリラックスさせ、性的障害を改善。

出産時には、分娩を促進し痛みを和らげる他、マタニティーブルーや母乳の分泌にも効果が。

妊娠中は使用を避けましょう。

♡妊活中のあなたへ ご主人とのタイミングに悩んでいませんか?

Play
Arrow
Arrow
Slider

>>他の動画を見る