動画_赤ちゃん天使のメッセージ bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

タイミング法の注意点は? 基礎体温と排卵日でとる効果的な妊娠のタイミング

妊娠のタイミングと基礎体温

妊娠のためにタイミングを取るには、まず基礎体温を毎日つける、これは基本中の基本ですね。

では、基礎体温表から妊娠しやすいタイミングをより確実に予測するにはどうすればよいでしょうか。

それには、基礎体温表と排卵検査薬を併用しましょう。

妊娠のタイミングには排卵日を予測しましょう

基礎体温表をある程度の期間つけると、自分のリズムがわかってきますので、そこから排卵日を予測して妊娠のタイミングをはかりましょう。

04timing_01

低温期が続いた後、最後に体温が更に下がる日をこれを「最低温日」といいます。

その後排卵が起こり、卵巣内で卵胞が黄体に変化します。

この黄体から分泌される黄体ホルモンの作用で体温が上がり、高温期に移行するのです。

しかし、排卵は必ずしも最低体温日に起こるとは限りません

排卵日の4つの可能性

排卵日の4つの可能性
① 最低体温日
② 体温陥落日
③ 低温期最終日
④ 高温期初日

↓↓↓
イメージング動画はこちら
チャンネル登録はこちら

確実なタイミングには排卵日検査薬を

排卵日検査薬とは、排卵の直前に起こるLH(黄体形成ホルモン)の分泌の急上昇(LHサージ)を確認し、妊娠のタイミングを計りやすくするためのものです。

確実なタイミングには排卵日検査薬を

尿をかけて反応を見るだけですので簡単に使えますし、薬局で手に入ります。(1週間分で3000円前後)

排卵日検査薬の使い方

低温期の終わりごろ、そろそろ排卵日が近いかなという時期に使い始めて妊娠のためのタイミングに役立てます。

下記の点に注意して使ってください。

  • 時間は何時でも良いが、毎日だいたい同じ時間帯に検査する
  • 陽性とはっきり判定できないが、排卵日が近い場合は、朝夕2回検査する
  • 結果を基礎体温表に必ず記入する(何周期か繰り返すうちに自分のパターンがわかります)
  • 陽性になってから再び陰性反応が出るまで検査する
  • 基礎体温でいつ頃が低温期の終わりかはっきりわからない場合は、なるべく早めに検査を始める

妊娠のタイミングを狙うならこの日!

最も妊娠しやすいタイミングは、排卵検査薬で陽性反応が出てからの3日間ですので、 この3日間連続で夫婦生活を持つのが妊娠のタイミングとして最も確率の高い方法です。

なぜかというと、排卵が起こる前に脳下垂体から黄体化ホルモン(LH)が大量に放出されます。

これをLHサージといい、これが検査薬に反応するのですが、この反応のピーク(検査薬が最も強く反応します)から排卵するまでの時間は、16~24時間です。

更に、卵子の寿命は排卵後12~24時間、精子の寿命が3日間ということを考慮すると、最も妊娠しやすいのは、「検査薬が陽性反応を示してから3日間」ということになり、この3日間連続で夫婦生活を持つのが理想的です。

akachan1_77

タイミングをより効果的にするために

せっかくのタイミングの機会を逃さないためには、日ごろから体調を整えておくことが大切。

寒さや季節の変わり目の気候の変動に負けない身体を保ちましょう。

うれしいご報告もいただいています。
⇒詳しくはこちら

タイミング法の注意点

夫婦生活が義務的になっていませんか?

妊娠のためにタイミング療法を試みるカップルが陥りやすい注意点があります。

それは、妊娠のタイミングを意識するあまり夫婦生活が義務的になるということです。

極端になると、排卵日にしか夫婦生活を持たない、という方もいらっしゃるほどなのですが、夫婦生活の回数と妊娠の確率は一般的に比例します。

また、タイミング療法を始めるととたんにご主人が夫婦生活に積極的でなくなったり、勃起不全になったりする場合が見られます。

これは何を意味しているかというと、男性は、強制される、或いは妊娠するためだとは言っても、この日にと決められて夫婦生活に及ぶのは、本心では快く思わないのです。

やはり、互いの心が自然に通じあい、気持ちが高まってそのようになる…というのが理想的ですね。

男性の性に対する衝動は、意外とデリケートですので、配慮する必要があるかも知れません。

akachan1_77

ご主人とのタイミングで悩んでいませんか?

「今日は排卵日よ。」と迫ってご主人の機嫌を損ねてしまった・・・そんな経験はないでしょうか。

排卵日にタイミングを合わせやすくするために、ちょっとした工夫をしてみましょう。

⇒詳しくはこちら

夫婦の愛を高めあいましょう

夫婦生活は子作りのタイミングを合わせるためではなく、夫婦が愛を確かめ合い、絆を深めていくということが原点なのです。

その結果、愛の結晶として赤ちゃんができる…ということを忘れないでくださいね。

現に、ご夫婦の愛し合う気持ちが高まれば高まるほど、女性の粘液の分泌や精子の運動率も高まり、受胎の確率が高くなります。

このように愛する気持ちや幸福感ということと、子宝というものは非常にかかわりが深いものです。

実際、20代の健康な男女が絶妙のタイミングで行為に及んだとしても、人間の妊娠率は25%程度です。

ですから、肉体的な条件が整い、タイミングを合わせたからといって、必ず妊娠するわけではありません。

akachan1_77

人間の生命の営みには、もっと神秘的な力も働いています

ご夫婦の愛し合う気持ち…

理解しあう心…

感謝の気持ち…

二人で人生を築けることへの喜び…

このような気持ちが深まるほどに、赤ちゃんも降りてきやすくなりますよ。

赤ちゃんがこんなパパとママの所に生まれたいと思うくらい、ご夫婦の幸福感を高めたいものですね。

基礎体温を整える健康生活

基礎体温を整える健康生活

基礎体温を左右するのは女性ホルモンのバランス。

そのバランスを整えるには、ちょっとした工夫の積み重ねが大切です。

心と身体が健康なら、基礎体温も健康な波形になるはず…。

ですから、妊娠のタイミングにあまりにもこだわるのではなく、そのための生活習慣を見直してみましょう。

温かシルク

関連記事