bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

高プロラクチン血症の原因・症状。高プロラクチン血症の改善法は?

高プロラクチン血症とは

高プロラクチン血症

プロラクチンとは脳下垂体から分泌されるホルモンで、生殖、排卵、妊娠、授乳などと深い関係があります。

このプロラクチンは授乳をつかさどっており、乳腺を刺激して乳汁の分泌を促します。

また、授乳期に排卵を抑制し次の妊娠を抑えるのも、プロラクチンの働きによるものです。

↓↓↓
イメージング動画はこちら

これは、授乳期はまだ子供が小さいので次の子供を妊娠しにくいように、自然に備わった不妊期なのです。

しかし、授乳期でないにもかかわらずこのプロラクチン値が高いと、高プロラクチンとなり、不妊や生理不順、流産の原因になることがあります。

そして、このホルモンの分泌が高すぎて乳汁分泌や無排卵月経などを起こすようになったものを高プロラクチン血症といいます。

具体的には、授乳期以外のプロラクチンの血中濃度の正常値は15ng/ml以下ですが、この値より高いと高プロラクチン血症が疑われます。

akachan1_77

どうすれば授かるのかわからない

年齢が気になって焦る
妊活歴は長いけど…

妊活を卒業した女性が続けていたことは

⇒詳しくはこちら


 

高プロラクチン血症の症状

高プロラクチン血症による症状としては次のようなものがあります。

歩くウサギ

稀初月経

年に数回しか生理が起こらない。

無排卵月経・無排卵・無月経

生理や排卵が起こらない、または生理があるが排卵しない。

この場合は基礎体温のグラフが平坦になります。

不妊症

上記のように排卵が起こらない、あるいは起こりにくいことで、結果的に妊娠しづらくなります。

乳汁が出る

出産の経験がある場合は、プロラクチン値が正常範囲でも乳汁が出る場合があります。

この場合は生理が順調にあるか、基礎体温が二層 になっていれば心配することはありません。

ただし、乳汁に血が混じっていたり、乳汁ではない分泌物の場合は、病院を受診しましょう。

赤ちゃん天使

頭痛・視野が狭くなる視野狭窄・視力異常

脳下垂体に腫瘍があって高プロラクチンになっている場合に起こる症状で、吐き気やめまいを伴う場合があります。

このような自覚症状がある場合は、脳神経外科を受診しましょう。

習慣性流産

習慣流産の方の15%に高プロラクチンが見られるとの報告もありますが、プロラクチンの値が高いからといって、流産率が高くなる訳でもないようです。

高プロラクチン血症の場合、黄体機能不全を合併することがありますがこれが誘因になっているという見方もあります。

コウノトリ_高プロラクチンの原因

akachan1_77

友人の妊娠を喜べない…そんな気持ちを癒すには

  • 「友人の妊娠を素直に喜べなくて自己嫌悪に陥る」 それは本当にあなたの『素直な気持ち』ですか?
  • 本当は「喜べない」というのがあなたの『素直な気持ち』ではないですか?

あなたのモヤモヤした気持ちを一度、解放してあげませんか?

心が解放されると赤ちゃんが宿りやすくなりますよ。

⇒続きはこちら


高プロラクチン血症の原因

この高プロラクチン血症の原因としては次のようなことが考えられます。

1.薬の長期服用による高プロラクチン血症

ピル・胃潰瘍の薬・抗うつ剤・降圧剤などの薬を長期間服用しているために、ホルモンバランスが乱れて高プロラクチン血症とる場合があります。

薬をやめれば元に戻りますが、治療上の理由でやめられない場合などは、薬の量を減らしたりプロラクチンを減らす薬を処方したりします。

2.下垂体の腫瘍による高プロラクチン血症

脳の下垂体に腫瘍ができることによってホルモンバランスが乱れ、高プロラクチン血症になる場合があります。

この場合、症状としては前述のように、頭痛・吐き気・めまい・視野狭窄・視力以上を伴うことがあります。

3.ストレスによる高プロラクチン血症

以上のような明確な原因がないのに高プロラクチンになっている場合は、たいていストレスが原因と考えられます。

ストレスは自律神経のバランスを崩し、あらゆる不調のもととなります。

人間の身体は自律神経によって調節されており、この自律神経が乱れるとホルモンのバランスも崩れてしまいますので、プロラクチンの分泌にも影響を及ぼし高プロラクチン血症になる場合があるのです。

薬の服用や脳下垂体の異常がない場合、ほとんどの原因はストレスによるものと考えられます。

また、高プロラクチン血症は体質によるものもあり、普段のプロラクチン値は正常なのに夜間やストレスが溜まったとき、黄体期の時期だけプロラクチン値が高くなって高プロラクチンとなり、妊娠しづらくなっている方もいます。

4足重ねばき靴下

妊活を卒業した女性が続けていた習慣とは?

ポカポカ感を保つ温活にはポイントがあります。 

季節の変わり目や冷暖房の変化にも負けない身体を保ちましょう。
⇒詳しくはこちら

ストレスなど自律神経を乱す原因を解消しましょう

このように腫瘍などもなく原因が不明な場合には、おもに薬を使ってプロラクチンを抑える治療をしますが、ストレスなどの自律神経を乱す原因を取り除くことが最も大切であると私たちは考えています。

高プロラクチン血症は、流産後や人工妊娠中絶後などにホルモンバランスが崩れておこる場合がありますが、この場合も次の妊娠に向けて身体を調え、心をいやして精神的なショックからも立ち直ることが大切です。

★高プロラクチンの方に多い基礎体温の波形と改善法は下記を参考にしてくださいね。

抱っこするママ

友達の妊娠で心を痛めていませんか?

「赤ちゃんは必ず一番いい時期に生まれてきてくれる!」信じる気持ちがわいてくる動画です。⇒詳しくはこちら


高プロラクチン血症の治療と改善

脳下垂体に腫瘍があって高プロラクチンになっている場合は、薬物、手術、放射線などの治療を行います。

また、薬物が原因で高プロラクチンになっている場合は、処方した医師と相談しましょう。

ここでは特に、これといって問題がないのにプロラクチン値が高い場合の改善法について考えてみたいと思います。

1.気分転換でストレス解消

忙しく動く現代で、ストレスの原因自体を取り除くのはなかなか無理があるかもしれません。

しかし、気分を転換してストレスを軽減することは可能です。

効果的なストレスの軽減法としては、

  • 呼吸法
  • ストレッチ
  • ハーブティーを楽しむ
  • ゆったりした音楽を聞く

など、これらは緊張した神経を緩め、ストレスを軽減して自律神経を調えるのに効果があります。

お仕事の合間や休日、就寝前などに取り入れてくださいね。

自律神経を元気に_クマとウサギ

2.自律神経を元気にしましょう

ストレスは自律神経を乱す原因になりますが、逆に自律神経を元気にすることで切り替えが聞くようになり、ストレスに強くなります。

自律神経を元気にする具体的な方法がありますので、下記の記事を参考にしてできるところから実践しましょう。

3.身体を温めて精神を安定させましょう

最近「切れる」子供が増えたといわれますが、それに伴い「低体温」の子供が増えています。

体温が低いと、ストレスに対する抵抗力が低下し、イライラしやすくなったり、落ち込みやすくなったりするのですね。

身体を温めることは、精神を安定させストレスに強くなるばかりでなく、自律神経も調えます。

また、身体を温めることによって血流がよくなりますので、血流にのって運ばれるホルモンンの働きもよくなるといえるでしょう。

さらに、卵巣や子宮は冷えのダメージを受けやすい器官ですので、身体を温めることによって卵巣や子宮の機能もアップさせることができます。

夫婦で妊活

「やっぱり妊活の定番ですね!」

喜びのお便りも多数!ご夫婦で飲む方が増えています!⇒詳しくはこちら

不妊ストレスを癒しましょう

合わせてお読みください