bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

夏の妊活は食べ物に注意!妊娠力を低下させる食事とは?

夏の食べ物にご注意を

すいか

暑い夏はつい冷たい食べ物や飲み物を口にしたくなりますね。

ところが、気をつけないとこれが身体を冷やす元にもなり、妊娠力を低下させますので注意しましょう。

身体を冷やす食べ物とは

夏の暑さは確かに体力を奪います。

ですから、本能的に身体を冷やす食べ物を口にしたくなるのです。

夏が旬の食べ物や暑いところで採れる食べ物が、基本的に身体を冷やす性質を持いるのも、夏の暑さに負けないための自然界の恵みです。

このように、旬の食べ物は身体に良いのですが、

不用意に口にしていると冬以上に身体の深部が冷えてしまい、それが子宮や卵巣を冷やす元にもなります。

身体を冷やす夏の食べ物

  • 夏が旬の野菜
  • 南方原産の食物
  • 生野菜や果物
  • 冷奴やそうめん
  • かき氷やアイスクリーム
  • よく冷えた飲み物

夏が旬の野菜は、カロチン、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含むものが多く、夏ばてなどに効果が高いのですが、同時に身体を冷やすものも多いのです。

抱っこするママ

友達の妊娠で心を痛めていませんか?

「赤ちゃんは必ず一番いい時期に生まれてきてくれる!」信じる気持ちがわいてくる動画です。⇒詳しくはこちら


野菜組合せ

組み合わせで冷やす作用を中和しましょう

夏が旬といっても、例外的に身体を温めるものもあります。

また、身体を冷やす夏の野菜や食べ物も下記のような温める性質のものと組み合わせることで、冷やす作用を抑えることができます

身体を冷やす夏野菜

  • トマト
  • なす
  • とうがん
  • スイカ
  • きゅうり
  • ゴーヤ(にがうり)
  • みょうが
  • ズッキーニ
  • ピーマン など

身体を温める、あるいは冷やさない夏野菜

  • ニラ(夏ニラ)
  • にんにく
  • かぼちゃ
  • 大葉(しそ)
  • トウモロコシ
  • オクラ など

しょうが・醤油

冷やす野菜や果物にはこんな工夫を

塩・味噌・醤油・ネギ・しそ・しょうが・梅干などは身体を温めますので、下記のように薬味や味付けに使いましょう。

また、火を通す、干して乾燥させる、漬物にすることによって、冷やす性質を中和させることができます。

  • スイカ…塩を振って食べる
  • きゅうり…塩もみ、味噌をつける、梅肉であえる、漬物にする
  • なす…薬味にしょうがを使う、味噌やにんにくと炒める、漬物にする
  • トマト…炒める、煮込む、ドレッシングにしょうがと醤油を使う、薬味にシソやネギを使う
  • 冷奴やそうめん…薬味にしょうがやネギ、シソなどを使う
  • くだもの…ドライフルーツがベターです

これらは、昔から相性が良いとされてきたものです。

薬味や調味料で作用を中和させるという生活の知恵だったのですね。

夫婦で妊活

「やっぱり妊活の定番ですね!」

喜びのお便りも多数!ご夫婦で飲む方が増えています!⇒詳しくはこちら


冷やさずに夏ばてを防ぐコツ

上記のほかに、夏の疲れを取る効果が高い成分にクエン酸がありますね。

このクエン酸を豊富に含むものとして、お酢やレモンがありますが、これらも、実は身体を冷やします

ですから、酢の物を作るときは下記のようにひと手間を加えましょう。

  • 素材を塩でもむ
  • 梅肉や梅酢、黒酢で代用する
  • 酢味噌にする
  • しょうがやネギを加える

このような工夫の代表的なものとして、『きゅうりの酢の物』があります。

きゅうりを切ってから塩でもんで味をつけるのはそのためなのですね。

また、きゅうりの酢の物によく加えるわかめは身体を温める食品です。

きゅうりの冷やす作用を中和させる意味で、組み合わせとしてはvery good!

さらに温めたいのなら、クエン酸を含みつつ身体を温める性質の『梅肉』や『梅酢』『黒酢』で和るのがベターです。

同じく夏野菜でもにんにくやにら、シソなどは身体を温めますので、うまく組み合わせて美味しく召し上って下さいね。

歩くうさぎ

年齢が気になって焦る

妊活歴は長いのに…どうすれば授かるのかわからない

そんなあなたにぜひ聞いてほしい
妊活を卒業した女性が続けていたこと

⇒詳しくはこちら

Play
Arrow
Arrow
Slider

>>他の動画を見る

不妊ストレスを癒しましょう

合わせてお読みください

関連記事