bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

春の妊娠力アップ法!春は冷え対策とデトックスがカギ。春によい食事は?

春は冷え対策とデトックスで妊娠力UP

花びら

春は冬に収縮していた身体が緩んで開いていく、転換点としてとても重要な時期。

寒い冬の間に閉じていた汗腺や骨盤が開き始め、内側を向いていた思考も外に向かっていきます。

そのような変化により、冬の間に身体にたまった老廃物をデトックスする時期で、排泄機能も盛んになり、毛穴から出る汗や皮脂も増えてきます。

また、朝夕の寒暖の差が激しく、冷えやすいのもこの時期の特徴です。

デトックスモードの春は、排出すべき時期ですから、このときにしっかりと排出することが大切です。

ストレッチ

適度に身体を動かしましょう

ウォーキングやストレッチなどで血行を促しじんわりと汗をかくことでとデトックス機能が高まります。

ただし、汗をかいた後は冷えやすい時期でもありますから、しっかり汗を拭いて冷える前に保温しましょう。

また、化学繊維の下着は避け、天然繊維のものを身につけましょう。むらさずに汗を吸い素早く乾燥させるシルクがベストです。

4足重ねばき靴下

デトックスを促進するためには?

デトックスモードの春は、排出すべき時期と考え、とにかく温かく過ごすことが大切!

ポカポカ感を保つ温活にはポイントがあります。⇒詳しくはこちら


山菜

デトックス効果のある食べ物を…

春先に出てくる『芽野菜』のえぐみや苦味には、毒素を排出する作用があり、冬にたまった老廃物を引き出してくれます。

  • たけのこ
  • 菜の花
  • ふきのとう
  • タラの芽
  • ワラビ
  • こごみ

などの山菜がこの『芽野菜』にあたります。

靴下をはく

寒暖の差に注意しましょう

春は日中と朝夕の寒暖の差が激しい季節。油断して薄着のままでいると、冬以上に冷えてしまいます。

ぜひ、以下のように工夫しましょう。

  • 重ね着をして調節する
  • スカーフで襟元からの冷えを防ぐ(シルクがベストです)
  • 靴下をはく(特に、重ねばきがベスト)
  • 腹巻やスパッツ、膝掛け、レッグウォーマーなどで下半身をガードする
  • 暑く感じるときは上半身を薄着にする

下半身の温め、特に足元の温めは年間を通じて大切です。

特に春先は、身体は『春モード』変わるものの、気候の変化についていけず変調をきたしがち。

足元を温め血液の循環をよくすることで不調を抑えることができます。

落ち込む女性

心の動揺に気をつけて

この時期は思考も『春モード』に変わり、心の状態が不安定に。

  • イライラする
  • やる気が出ない
  • 落ち込みやすい)
  • 不安になる
  • 気持ちをコントロールしにくい

などの症状が出やすい時期です。。

自律神経のバランスが崩れ、情緒が安定せず動揺しやすくなるのも春の特徴です。

自律神経の乱れは妊娠力の低下につながります。

ゆったりと過ごす、気分転換する、十分な睡眠を取るなど、ストレスをためないように気をつけましょう。

akachan1_77

自律神経のバランスを崩さないために

ゆったりと過ごし、十分な睡眠を取るなど、ストレスをためないように気をつけましょう

季節の変わり目や職場の冷暖房の変化にも負けない身体を保ちましょう。

妊活を卒業した女性がしていたことは?
⇒詳しくはこちら

春野菜

春の気候の変化を乗り越える食べ物

心の動揺にはこの食べ物!

小麦、きくらげ、あさり、しじみ、小松菜、かれい、グリーンピース、など

春におこしやすいビタミン・ミネラルの不足に

なつめ、ゆりね、落花生、はとむぎ、きゃべつ、かぶ、人参、やまいも、はちみつ、など

春の冷えから守るには

ねぎ、新たまねぎ、みょうが、パセリ、大葉、ミント、せり、など

春を元気に過ごすための食べ方は?

  • 生ものや冷たいものは避け、温かいものをさっぱりとした味付けで
  • 刺激物、肉や高脂肪のものは避る
  • 旬の野菜を食べる
歩くうさぎ

10年以上のお客様とのやり取りでわかった“授かる法則”

それは、身体の中と外から温かさをキープすることでした

妊活を卒業した女性が続けていたことは

⇒詳しくはこちら

関連記事