bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

頻発月経・稀発月経を予防・改善するには? 注意したい食事など

頻発月経とは

頻発月経とは、生理周期が24日以内で、同じ月に複数回生理が起こることを言います。

しかし、生理だと思っていても、実は不正出血だったということもあります。

その場合は子宮筋腫や子宮ガンなどの病気も考えられますので、専門医の診断を受けましょう。

頻発月経の種類

頻発月経は、ホルモンの分泌が安定しない思春期や更年期に多く見られるものですが、原因としては次の3点が考えられます。

頻発月経とは

無排卵性頻発月経

h-hakei-1

生理があっても排卵が起こっていない。

この場合の基礎体温は、高温期がなく平坦な波形になります。

また、排卵がないため受精できず、改善しなければ妊娠しません。

卵胞期短縮性頻発月経

hinpatu-kiso6

排卵はあるが、卵胞期が短く、生理から排卵までの期間が短い。

この場合の基礎体温は、低温期が短くなります。

黄体機能不全型頻発月経

hinpatu-kiso1

排卵後、卵巣において形成される黄体の機能が悪く、早く萎縮してしまうために生理周期が短くなる。

この場合の基礎体温は、高温期が短くなります。

また、黄体の機能が低下していると、子宮内膜が不完全なため着床に障害を起こし妊娠しにくくなります。

生理周期を整えるためには、身体を温めて基礎体温を整えることがとても大切です。

抱っこするママ

友達の妊娠で心を痛めていませんか?

「赤ちゃんは必ず一番いい時期に生まれてきてくれる!」信じる気持ちがわいてくる動画です。⇒詳しくはこちら


頻発月経で注意したい食事

頻発月経では、生理の回数が多くなる分出血も多くなるため、貧血を伴う場合がありますので、鉄分を補うように心がけましょう。

鉄分を多く含む食品

ヘム鉄 主に動物性の食品に多く含まれる。

レバー・牛の赤身・いわし・かつお・あさり・かき等

非ヘム鉄 主に植物性の食品に含まれる。

大豆・きな粉・納豆・ひじき・ほうれん草・小松菜等

    <上手な鉄の取り方>

  • ビタミンCは非ヘム鉄を吸収しやすくします。
  • 梅干、酢、柑橘類、香辛料などで胃酸の分泌を高めます。
  • コーヒーやお茶の成分は、食品の鉄分を破壊しますので、食後すぐには飲用を控えましょう。
4足重ねばき靴下

身体を冷やさない工夫をしていますか?

ポカポカ感を保つ温活にはポイントがあります。 

季節の変わり目や冷暖房の変化にも負けない身体を保ちましょう。
⇒詳しくはこちら

稀発月経とは

稀発月経とは

稀発月経とは、生理周期が39日以上で、年に数回しか生理がおこらないことを言います。

稀発月経の種類

この稀発月経は、排卵がスムーズに起こっていないことのサインと考えられ、次のような2つのタイプがあります。

遅延排卵

h-hakei4

生理開始日から、排卵するまでの期間が長く、排卵後は14日くらいで次の生理がおこる。

この場合の基礎体温は、低温期が長くなります。

無排卵性稀発月経

h-hakei-1

稀発的に生理があっても排卵が起こらない。

この場合の基礎体温は、高温期がなく平坦な波形になります。

また、排卵がないため受精できないので、改善が必要です。

稀発月経の原因は、視床下部や下垂体、卵巣機能、甲状腺の機能低下が考えられます。

また、無理なダイエットや激しいスポーツにより、ホルモンのバランスが崩れた場合にも起こります。

akachan1_77

年齢が気になって焦る

妊活歴は長いのに…どうすれば授かるのかわからない

そんなあなたにぜひ聞いてほしい
妊活を卒業した女性が続けていたこと

⇒詳しくはこちら

夫婦で妊活

「やっぱり妊活の定番ですね!」

喜びのお便りも多数!ご夫婦で飲む方が増えています!⇒詳しくはこちら

頻発月経・稀発月経を予防・改善するには

基礎体温から排卵日を計算して予測しましょう

まず基礎体温をつけましょう

基礎体温は、排卵の有無や排卵日、黄体の機能、生殖機能、自律神経の状態、ストレスの影響、身体の冷え、ホルモンの状態など。

身体が発するあらゆるサインを読み取るのに非常に有効です。

基礎体温を日頃からつけておくことによって、何が原因で生理不順が起こっているのか、また自分はどのタイプなのか、ということがある程度わかります。

身体を温め卵巣機能をアップ

頻発月経・稀発月経の主な原因である卵巣機能の低下をアップすることによって、生理不順を改善しましょう。

身体の臓器が活発に働くためには、37度以上の体内温度(わきの下で36.5度)が必要です。

卵巣や子宮などは特に冷えのダメージを受けやすい器官ですので、身体を温めることによって機能をアップしましょう。

靴下の重ねばきや腹巻、半身浴足湯などで下半身を集中的に温めることによって、身体全体が温まり、卵巣や子宮のある骨盤内の血流が高まります。

また、下半身の筋力をアップすることで熱生産量を増やしましょう。

足や腰などのストレッチも、骨盤内の血流を高めるのに効果的です。

更に、食べ物にも身体を温める陽性のものと、身体を冷やす陰性のものがありますので、できるだけ陽性のものを中心に摂るよう心がけるとよいでしょう。

もちろん、服装などによる日頃からの保温にも心がけてください。

Play
Arrow
Arrow
Slider

>>他の動画を見る >>赤ちゃん天使ってなあに?

不妊ストレスを癒しましょう

関連記事