動画_赤ちゃん天使のメッセージ bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

ストレスが不妊の原因になるわけは?生殖機能はストレスの影響大!

心の作用と身体の機能は結びついています

不妊症の原因は、いろいろな要因が考えられますが、特に注目されるのがストレスです。
心の作用と身体の機能は深く結びついていますが、生殖機能は特にこの影響を受けます
なぜなら、生殖ホルモンの分泌をつかさどる脳の下垂体は、同時にストレスにも対応する器官だからです。
ここでは主に下垂体とストレス、不妊症の関係について述べてみましょう。

269c39e871f77b49ecfc0b9da09e1a71_s

ストレスはこんなふうに脳に作用します

「いやだな」という刺激を受けたときの脳の働きを下図で説明しましょう。

kasuitai

「いやだな」という刺激を受けると、脳の本能を司る部分と理性を司る部分が葛藤を起こします。
そして、理性が本能を押さえ込むと、ストレス発生。
脳は何とかこの状態に立ち向かうために、身体を臨戦状態にしようとします。

その結果、視床下部から副腎皮質刺激ホルモンを分泌。この副腎皮質刺激ホルモンは、下垂体と自律神経に作用します。

友達が妊娠した

人の言葉で傷ついたら・・・

ストレスは自然治癒力を低下させる?

下図のように、視床下部から分泌された副腎皮質刺激ホルモンが下垂体に到達すると、下垂体は副腎脂質ホルモンを分泌し、副腎に臨戦態勢を促します。

脳下垂体の働き2

そうすると、今度は副腎はコルチゾールというホルモンを分泌し、ブドウ糖を製造。血糖値をあげて戦いに臨もうとするわけです。

このコルチゾールは同時に、脳の神経細胞を抑制する作用を持っていますので、臨戦態勢が長く続くと(ストレスが長く続くと)免疫力や脳の働きが低下し、病気にかかりやすくなったり、治癒力が落ちたりするのです。

ストレスが不妊の原因になるわけ

一方、生殖機能のメカニズムを下図で見てみましょう。

脳下垂体の働き3

卵の発育から排卵子宮内膜の形成など、視床下部→下垂体のルートで分泌されるホルモンによって指令が出されます。

ストレスによって視床下部→下垂体のルートが臨戦態勢のために働いていると、生殖機能への指令にまで手が及ばないという状態になってしまいます。

その結果、排卵障害や着床障害、生理不順などの様々な不妊症の原因を引き起こすのです。

生理が来た時の落ち込み

タイミングが合いやすくなる

赤ちゃんがほしい。そんな気持ちがストレスに

411908

以上のようにストレスや心の悩みは、想像以上に生殖機能を阻害するということがおわかり頂けたかと思います。

「赤ちゃんがほしいのになかなかできない」
「不妊治療がうまくいかない」
「夫が理解してくれない」 などなど

赤ちゃんを望むあまりにストレスをつのらせる。そんな状況の方は多いのではないでしょうか?でも、そのような心の状態がかえって赤ちゃんの誕生を遅らせてしまう、ということもまた事実なのです。

心が曇ってきたな、ストレスがたまってきたなと感じたら、大きく深呼吸して気持ちを切り替えましょう。

そして、希望という栄養を心に与えてあげましょう。それが不妊症克服の早道かも知れませんよ。

温かシルク

小冊子プレゼント

Arrow
Arrow
Slider

>>他の動画を見る

関連記事