bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

服装で妊娠力が低下する?服装で冷え性対策して不妊を解消!

服装で冷え性対策して不妊を解消!

不妊症の原因として注目されている冷え性。

冷え性を解消することで子宮や生殖器の機能も活発になり、不妊症を克服することも可能です。

冷え症の対策には、服装に少し気を配るだけでもずいぶんちがってきますので、可能な限り取り入れてみてください。

あなたの服装は子宮を冷やしていませんか?

不妊症を解消するには「冷えとり」はとても重要。

不妊症と冷え性の密接な関係でも述べたように、子宮や卵巣など、
生殖器のある下半身は冷えの影響にとっても敏感です。

逆にいえば、下半身の冷えを取ることで不妊症を解消できる可能性が高いということになりますので、しっかりチェックしておきましょう。

□ 冬でも素足で過ごすことが多い

□ ミニスカートをよくはく

□ 上半身は着込むが下半身は薄着

□ 靴下をはくことはあまりない

思い当たることはありましたか?

4足重ねばき靴下

からだの冷えが気になりませんか?

質のよい睡眠・血流を促すために服装対策も大切です!

温かく過ごすための温活のポイントは?
⇒詳しくはこちら

冷え性対策には「頭寒足熱」

読んで字のとおり、「頭寒足熱」とは足を温め頭を冷やすということですが、
身体を温めるためには、下半身を温め上半身は薄着でも良いのです。

というのは、下半身を温めれば上半身も温まるからです。

ところが、上半身をいくら温めても下半身は温まりません


花を持った女性

上半身に着込んで温かくしても下半身は冷えたままの状態で、それをほおっておくと下半身の冷えが慢性的になって、
冷えているということにさえ鈍感になってしまいます。


今のファッションの傾向から考えても、下半身は芯から冷えていて、それが不妊症を引き起こしているという人が非常に多いはず。



また、ほてりも冷え性の症状です。

暑いと勘違いし薄着をしてそれがさらなる冷え性の悪化を招いてしまいますので十分に注意してください 。

akachan1_77

からだの中から温めて、妊娠する力を引き出しましょう

体質改善や生活パターンの改善をしていますか

職場の冷暖房や季節の変化にも負けない身体を保ちましょう

妊活を卒業した女性がしていたことは?
⇒詳しくはこちら

冷え性対策のポイントはまず下半身から

4kasane

重ねばき冷え取り法

1. まず1枚目はシルク

より肌に密着する5本指の靴下がベスト。



2. 2枚目は綿の靴下(指が分かれていない普通の靴下でOK)

綿はシルクが吸い出した毒素や汗を吸収して体から遠ざけます。



3. そしてまたシルクを重ねる

綿が吸収した汗や毒素を更に外へと吸収します。



4. 次にまた綿

シルク、綿の順に4~6枚重ねばきし、最後は綿かウール(化繊が少し入っていてもOK)の靴下をはきます。



身体が温まることにより内臓が働きやすくなり、余分な水分や毒素を身体から出してくれます。

続けることで妊娠力も上がりますので、ぜひ実践してくださいね!

※参考文献:万病を治す「ひえとり」生活療法(進藤義晴著 海竜社)

ひざから下の冷え対策

ひざから下は非常に冷えやすい部分です。

足を温めるには、靴下の重ねばきがとっても効果的!

また、ふくらはぎにはレッグウォーマーがオススメです。

後でも述べますが、保温をするには空気の層をたくさん作ることが効果的ですので、靴下を何枚か重ねて履くことで足のまわりに空気の層ができ、温めることができるというわけです。

シルクの温かグッズ

素材はなんといってもシルク!

silk

シルクは保温性・吸湿性があり、その上吸った汗を蒸発させますので、むれを防ぎます。

更に、シルクには身体の毒素を吸収して外に出す力があるといわれています。


身体に老廃物がたまると血行が悪くなり冷えを促進。
からだが冷えると老廃物の排泄機能が衰え更に血行が悪くなる、という悪循環をこれで絶てるかも・・・

シルクの靴下やレッグウォーマーは夏も冬も着けごこちよく重宝します。

季節別冷え性対策

・春夏はコレ

絹の靴下・太腿までのスパッツと足首までのスパッツをはき、ズボンかロングスカートにサマーブーツバッグに絹のレッグウォーマーを入れておくと便利ですよ。

・秋冬はコレ

絹の靴下の上にウールの厚手の靴下。

絹の太腿までのスパッツと絹かウールの厚手の足首までのスパッツ。

ロングスカートかズボンに厚手のレッグウォーマー(これも絹がオススメ)。

※参考文献:
  新自分で治す「冷え症」(田中美津著 マガジンハウス)

腰から下の冷え対策

お腹や腰の冷えは、子宮や卵巣など生殖器にダイレクトにダメージを与えます。

またこの部分は手足と違ってあまり動かしませんので、いったん冷えてしまうと温めるのは大変。

入浴後やお出かけ前など、冷える前の保温を心がけましょう。

パンツはお尻とお腹をスッポリ包む深めのものをその上からスパッツをはくことをオススメします。
お休みの時には腹巻もいいですね。

身体を締め付けるきつめのガードルは、血行を阻害し冷えやうっ血のもとになりますので避けるようにしましょう。

歩くうさぎ

年齢が気になって焦る

妊活歴は長いのに…どうすれば授かるのかわからない

そんなあなたにぜひ聞いてほしい
妊活を卒業した女性が続けていたこと

⇒詳しくはこちら

素材は天然のものを!

化学繊維は熱伝導率が低く、保温性が高いのですが、吸湿性が低いので汗を吸わず中でむれてしまいます。

このむれが冷えの元になりますので、できる限り絹・綿・ウールなどの天然素材のものを選んでください。

重ね着の効果

空気は熱伝導率が低く熱が冷めにくいので、重ね着をすることによって空気の層を多く作ることができます。

温まった空気はしたから上へとあがっていき、襟元から出て行きます。
これが煙突効果です。



ですから襟元から出て行こうとする温かい空気を出さないようにすることが、温かくすごす秘訣なのですが、ここをふさぐと出るべき湿気も出ません。

ここから身体の邪気が出るのでふさがない方が良いという説も。

これを解消するのはシルクのスカーフ。

シルクはしっかり保温ししかも通気性にすぐれていますので、熱は出さずに湿気や邪気は出すということです。

冷え性解消にポイント温熱効果を

702c770ddf879a6bad25b17fa6bae735_s

寒い冬には着込むだけではなかなか身体が温まらないもの使い捨てカイロを効果的に使うことで、身体を温めることができます

不妊症・冷え性に関係のある部分にカイロを

  • 尾てい骨の上に大きなカイロをはることで子宮・卵巣や膀胱などの骨盤の中の臓器の血流をよくし、 下半身・足の血流も良好に。
  • ウチくるぶしから指の幅4本分くらい上にあるツボが、ホルモンバランスや冷えに効果があるといわれている「三陰交」。
      ここに小さなカイロをはり、足の血行を良くして熱エネルギーを作りだしましょう。
  • 腹腔内の内臓をコントロールする神経が集まっているのが、肩甲骨の下あたりの中央部 ここに大きなカイロをはることで新陳代謝と血液循環を促進。
      胃腸の働きも良くなるので、エネルギーも湧いてきます。
akachan1_77

どうすれば授かるのかわからない

年齢が気になって焦る
妊活歴は長いけど…

妊活を卒業した女性が続けていたことは

⇒詳しくはこちら

こんな服装は冷え性を招きます!

6322839928576f2caf9f923305a44732_s

以上、冷え性の改善に有効な服装などについて述べてきましたが、それとは逆に身体を冷やしてしまう服装というものもありますので気をつけましょう。

身体の締め付けにはご注意

きついガードルやボディースーツは身体を締め付けて、血行を悪くします。

特に足の付け根を締め付けるものは、血行を妨げますので注意してください。

できるだけゆったりした服装がオススメです。

また、ブーツはふくらはぎの保温には有効なのですが、きついものは血行を悪くしかえって冷え性の原因を作りますし、 足首の動きを阻害するものも血行不良を起こしますので考えもの 柔らかい皮で足首がゆったりしたものを選びましょう。

少し大きめのサイズを選んで靴下をはくと保温はばっちりです。

つま先の冷えや血行不良は、体全体に影響を及ぼすもの 足の指が動かない細い靴サイズの合わない靴、も足を締め付け、血行を悪くします。

また、ハイヒール底の厚い靴は、歩くときに筋肉の動きを妨げ、血行を悪くしますので注意が必要です。

中で少し指が動くぐらいゆとりがあり幅も広めのものが、冷え性対策にはGood。

吸湿性の悪いものは避けましょう

吸湿性が悪いものはむれてしまい、かえって身体を冷やす結果に。

遠赤外線など、発熱性のある繊維を織り込んだ下着がよく見かけられますが、素材によっては吸湿性が無いものもありますので、下にシルクのものを着るなど一工夫が必要。

また、通気性のないウインドブレィカーなどをきる場合は、襟元の通気性を良くするために、あけておくかシルクのスカーフなどを使うと良いでしょう。

ブーツもむれやすい場合がありますので、シルクの靴下をはくか、重ねばきをすると効果的です。

ミニスカート・ナマ足は要注意

ミニスカートは必ずといっていいほど下半身を冷やします。

また、夏であっても素足で過ごしていると知らず知らずのうちに身体は冷え性に…

できるだけはかないほうが良いのですが、どうしてもミニをはくなら下着を重ねるなどの工夫を。

また、足は夏でも靴下でカバーしたいものですね。

不妊症の改善に、ちょっとした工夫を!

以上のように、冷え性対策とおしゃれとは相反するものがありますが、できる限り冷え性を悪化させるのものを身に付ける頻度を少なくして、やむをえない場合は後でマッサージやストレッチをするとか、足湯や半身浴をするとかして十分にケアしましょう。

また、家にいるときなどは極力下半身を温めるようにしたいものです。

ちょっとした工夫の積み重ねが冷え性を緩和し、不妊症の克服にもつながるのです。

♡妊活中のあなたへ ご主人とのタイミングに悩んでいませんか?

Play
Arrow
Arrow
Slider

>>他の動画を見る