bannerQA
おすすめ妊活アイテム 妊娠報告頂きました

私は妊娠できない?医師の言葉に傷ついて…


こだからひろばQ&A

usagi3_100

匿名希望様からのご質問です

27歳。結婚して1年半です。

子どもがほしいと思い1年になります。

同じころに結婚した友達は次々と妊娠していき、2人目もちゃんと計画的に作っている子もいます。

今、心は少しは落ち着きましたが当時は、焦りと悲しみとイライラとで毎日を過ごしていました。

ですが、今でも生理がくるたびに落ち込み大泣きしてしまいます。

先月、このままじゃ何も変わらないと思い、不妊治療専門の病院にいきました。

先生は、1年も夫婦生活をおくっているのに妊娠しないのは、必ず原因があると言いました。

ちょっと、ショックでしたが何か解決するようで期待もありました。

卵管にも異常なく、タイミング療法をし、精子がたくさんいたこともこの目でしっかり見ましたし「排卵したようですね。多分大丈夫だと思いますよ」と先生に言われ、うきうきしながら過ごしていましたが… 生理がきました。

早速、病院に行き、半分怒りも込め「原因はなんですか?」と聞くと、しばらく黙ったままでしたが「卵巣に何か原因が…」と。

「じゃ、それを治す治療はあるのですか?」と言うと「今の所ない。卵巣が悪いと人工授精もできない」と言われました。

一気にどん底へ…。じゃ、私はもう子どもができないってこと?

帰り道もずっと泣いていました。

子どもが好きで、幼稚園教諭の仕事をして子どもが

たくさんいる家庭を夢見て結婚して…

この先、私には何の可能性もないんでしょうか?

病院の先生を責めるのはおかしいことと思います。

しかし、軽はずみなことを言われたことでとても傷つきました。

病院をかえるべきなんでしょうか?

ストレスが原因それもあるかもしれませんが、1年もストレスだけが原因で妊娠しないとも考えられないし。

やっぱり、私は妊娠できないのかな…と思ってしまいます。

何かアドバイスがあればお願いします。

カップル_ハート

タイミングで主人の機嫌を損ねてしまった・・・

そんな経験はありませんか? 排卵日の夫婦の関係をハッピーにするための動画。
⇒期間限定 無料でご覧いただけます!


f883da62716dc225cbc13fd9ae1

akachan1_77

1年妊娠しなくても不妊とは限りません。

期待していらっしゃったのに、ショックだったでしょう。

お辛い経験だったことと思います。その後の調子はいかがでしょうか?

さて、一般的に1年妊娠しないと不妊を疑ってみるという目安がありますが、これはあくまでも確率の問題であり、誰にでも当てはまるということではありません

現に、何年かしてから自然妊娠する方はよくいらっしゃいますよ。

医学的、科学的な見解だけではなんとも説明が出来ないような、その人その人固有の時期というものがあるようです。

赤ちゃんはお母さんを選んで生まれてくる?

もう少し詳しくお話ししましょう。

動物は発情期があり、行為を持てばほぼ100%妊娠します。

しかし、人間の場合、20代の健康な男女が、絶妙のタイミングで行為を持ったとしても、妊娠する確立は25%です。

これは何を意味しているのでしょうか?

人間の受胎、妊娠というのはそれほど神秘的な面があるのです。

あなたは、「赤ちゃんがお母さんを選んで生まれてくる」という話を聞かれたことはありますか?

4~5歳までの幼児に「どうしてここに生まれてきたの?」と聞くと、ほとんどの子供が「お空で見ていて、お母さんが優しそうだったから選んだの」とか「お空の上で約束したから」などと話すそうです。

また、退行催眠などでも、自分の幼児期から胎児期にまでさかのぼり、その前の記憶を思い起こす、ということまであるといわれています。

このような考え方には、一般的にはまだ一定の疑問があるようですが、受胎の神秘的な部分を考えれば考えるほど、 無視できない現象であると思えてきます。

どちらにしても、不妊ということを考える上で、このようなことも頭に入れておいて頂く必要はあるかも知れません。

akachan1_77

どうすれば授かるのかわからない

年齢が気になって焦る
妊活歴は長いけど…

妊活を卒業した女性が続けていたことは

⇒詳しくはこちら

不妊治療にのめりこむことが妊娠を遠ざけます

もう一つの問題は、やはりストレスです。

排卵や受胎など生殖機能をつかさどっているのは脳の視床下部という部分です。

この部分は、同時にストレスの処理も行なっていますので、ストレスや悩みのある状態、心が不安定な状態が続きますと、そちらの処理を優先し生殖機能への指令は後回しにしてしまいます。

ですから、妊娠を望む方にとって、心の状態の管理、と言うものはあなどれません。

特に不妊治療にのめりこみ、できない原因を追求して「できない、できない」「なんで…!」という気持ちが固定化してしまいますと、それ自体が妊娠を遠ざけることになります。

実際に、「もういいや」とあきらめたり、他のことに気持ちを移すと、とたんに妊娠した、という事例は数限りありません。

ですから、あなたも、あまりにも今の現状を大きく見つめるのではなく、日々の生活を明るく前向きに過ごしていかれることが大切です。

では、どんな風に過ごすのが効果的か、考えてみましょう。

あなたの理想の姿をイメージしてみましょう

あなたは、子供がお好きで、沢山の子供のいる家庭を描いておられるということですが、とても素晴らしい夢ですね。

長く心に描いていることは、自分の根源的な部分から出てきていることが多いので、実現する確率は高いと思いますよ。

更に、その描いているビジョンが具体的であればあるほど、実現の可能性も高まります。

では、その夢をもう少し膨らませてみましょう。

沢山のお子様にあなたは今、囲まれています。

男の子、女の子、小学生、幼稚園児、赤ちゃん…いろいろなお子様がいます。

その中で、あなたは、どのようなお母さんになっているでしょうか?

イメージしてみてください。

毎日どんな気持ちで過ごしているでしょうか?

一人一人個性の違う子供たち…

学校でけんかしたり、いじめられたり、先生にほめられたり…

日々起こってくる出来事に、あなたはどんな心で対処されているでしょうか?

ご自分の理想像をしっかり描いてみましょう。

赤ちゃんを育てるための準備をしましょう

いかがでしたか?

ご自分の理想像を描けましたでしょうか?

きっと明るい家庭と、ステキなご自分の母親像をイメージされたことでしょう。

では、次に、そのような自分の理想像に近づくためには、何を実行すればよいでしょうか?

物事は、そのための準備が出来たら現実が伴ってくるもので、それが一つの法則です。

理想に向かって希望をもち、一つ一つ前向きに、準備していきましょう。

そんな前向きな気持ちが、事態を好転させていきます。

気持ちが変わりにくければ、言葉から変えていきましょう。

感謝の言葉、ほめる言葉、肯定的な言葉、明るい言葉…

そんな言葉を出していると、あなた自身の耳から潜在意識に入り、 気持ちが変っていきます

また、そんな言葉を聞いていると、ご主人様の心も明るくなるはずです。

こうして、善の循環をつくっていってください。

沢山のお子様を迎えるための、ステキな家庭が整っていくはずです。

感謝の気持ちが妊娠しやすい状態を作ります

そして、事態を好転させていくためにもう一つ大切なことは、感謝の心です。

今ある生活、与えられていること、ご主人様の存在…

感謝できることは沢山あるはずです。

ご主人様と出会えたこと…

毎日元気で過ごせること…

支えあって生きていけること…

そんなことに「ありがとう」という気持ちを向けてみてください。

そして、原点に戻りましょう。

原点とは夫婦が愛し合うことです。

夫婦生活は、子作りのためだけのものではありません

それは、先ほどお話しした妊娠率を考えてもわかりますね。

それが動物と人間が違うところです。

人間は愛し合うように出来ています。

そして、その愛し合った結果として、結晶である赤ちゃんが降りてくるのです。

その原点を忘れないで下さい。

タイミングを取ることは悪いことではありませんが、それによって原点を忘れてしまわないように…

そして、タイミングを意識するあまり、夫婦生活がそのときだけになっていくケースがよくありますが、夫婦生活の回数は妊娠率に比例します

ですから、そんな側面からも、愛し合うということが大切なのです。

感謝の心は、相手に対する思いやりや愛を深め、感動を呼びます

ご夫婦間の幸福感も高まります。

そんな心が妊娠しやすい身体や環境を作りますので、是非、工夫してみて下さい。

豊かな子育てのために準備期間を与えられましたね

こんな努力をしなくても、簡単に赤ちゃんができる

人もありますが、今からそういう努力をしていくことによって、出産後も豊かな子育てと家庭作りが出来ると思いますよ。

そのために与えられた大切な時間だと受け取られて、日々を大切に過ごされてはいかがでしょうか?

子供の大好きなあなたですから、きっとステキなお母さんになられることと思いますよ。

もしかしたら約束した子供たちが「お母さん頑張ってね」と空の上から応援しているかも知れませんね。

私たちもまた応援しています。

焦らず心穏やかに日々をお過ごしください。

4足重ねばき靴下

赤ちゃんは温かいママのおなかに宿ります

だから、ママになる準備には温活が大切!

ポカポカ感を保つ温活にはポイントがあります。
⇒詳しくはこちら

こんなお返事をいただきました

usagi3_100

アドバイス、本当にありがとうございました。

先生のお言葉で、涙がでてきて、とても元気が出ました。

その後、婦人科に行き、生理がくる薬をもらいました。

7日間飲んでいるうちに、基礎体温が36.8度ぐらいが7日ほど続き、基礎体温が低くなり、今日生理らしきものがきました。

また、生理5日目から、ホルモン剤を飲むことになっています。

あまり、考え過ぎず、身体を冷やさないようにし、穏やかな気持ちで、妊娠しやすい体質を作っていきたいと思います。

お忙しい中、本当にありがとうございました。

Play
Arrow
Arrow
Slider

>>他の動画を見る

>>赤ちゃん天使ってなあに?

TOPIC